search search

【人気レトルトカレーが当たる】
カレーマニア・カレー細胞に尋ねる「レトルトカレー道」


非常食のレベルを超えた、ディナーカレーが続々登場



誰もが大好きなカレーが、ここ数年フードシーンを賑わせている。個性派ぞろいの個人店に行列ができるのはあたりまえで、それらを束ねるカレーイベントも百花繚乱。そんなカレーイベントを数多く手がける、“カレー細胞”こと松宏彰は、日々カレーにまつわる情報発信を欠かさない。カレーに惚れ込んだ男に、その魅力と楽しみ方を伺った。

―SNSや自身のWEBサイトなどでカレーにまつわる情報をアップされています。どういったきっかけでカレーを毎日のように食べるようになったんですか。

地元が神戸なんですが、高校の通学路にあったカレー屋さんが大好きで。ブラックペッパーのきいたカレーと、食後に飲むコーヒーを飲む時間が至福だったんです。はじめて「行きつけ」的に外食する場所になりました。でも阪神大震災があり、お店がなくなってしまって。そのときは東京で生活していたんですが、「いつかお店はなくなってしまうから、好きなカレーをたくさん食べたい」と強く思って、色々なお店に足繁く通うようになりました。食べれば食べるほど、カレーという食文化の広さ、奥深さにハマっていきました。


仕事は映像関係なのですが、アイデアに煮詰まった時とかに、刺激を求めてカレーを食べにいくというのも一つの理由な気がしています。スパイスの刺激があるからなのか、結構クリエイター系の人たちが好んで食べたりする傾向もあると思います。ミュージシャンなど、表現活動をしていた人たちがカレー屋さんをはじめる流れも、最近はよく耳にしますしね。

―店主の背景が独特なカレー屋など、個性的な店がどんどん増えている印象を受けます。

バリエーション豊かな個人店が続々とオープンしていますね。そういうお店を受け入れる土壌があることが、日本のカレーカルチャーの魅力だと思ってます。インド、タイ、スリランカなど、日本ほどたくさんの国のカレーを意識して食べ比べられる国なんて他にはないですし、欧風カレーやスープカレーだって日本発祥。世界に誇るローカルグルメとして、海外の人はラーメンを認識していますが、日本のカレーは本当に多様性があるので、「日本に行くならカレーを食べたい」そんな風に思う人が増えたら嬉しいです。


―多様性のシンボルとしても、「お店」の存在は大きかったと思うのですが、コロナウイルスもあり過渡期にありますね。

外食の頻度が減ってしまっていますしね。でも逆に、外食の気分が味わえるという意味ではレトルトカレーが面白いですよ。レベルが異常に上がっていて、疑似外食ではないですが、近年はお店の味を再現しているレトルトも増えています。自分で工場をつくってレトルトを作っているカレー屋さんもあったり、ある種のインディペンデントなレトルトカレーがすごく増加傾向にある。

―レトルトカレー、今後ますます面白くなりそうです。

個々の店が商品化する流れはどんどん加速していくと思います。地方のお店のレトルト化も進んでいくはず。昔のレトルトカレーは保存食という意味合いが強かったですが、いまは具材がしっかり入っているものも増えたので見栄えもいい。ちゃんと“映える”レトルトになっています。二人以上で食べるなら、別々の種類のカレーを「あいがけ」するのもいいかもしれません。

―「緊急時のためのもの」そんなイメージもありましたが、いまや全く別物ですね。

「安くて、手軽で、保存がきく」というのがレトルトカレーでしたが、立派なご馳走と言えると思います。

―KODEでは現在、レトルトカレーがあたるキャンペーンを実施中です。それぞれのカレーの感想を教えていただいてもいいですか。

にしきや ビーフカレー

スタンダードな欧風カレーも、レトルトカレー界の革命児「にしきや」の手にかかれば一味違います。なめらかで、ちょっぴり甘辛。おうちの味とは違う、ホテルや欧風レストランのカレーのような気品が手軽にいただけます。

噂の名店 湘南ドライカレー お店の中辛

レトルトのドライキーマといえばこれ!の名作。「マツコの知らない世界」でも紹介させていただきました。生クリームのコクが効いた濃厚な味わいは、ライスにもバゲットにも、ワインにも合います。

エチオピアビーフカレー

カレーの街・神保町を代表する名店「エチオピア」。そのガツンとクローブが効いた独特の味わいがレトルトでも見事に再現されています。多くのカレー店に影響を与えたその味をご自宅で。

インド エビのココナッツミルクカレー

椰子の木生い茂る南インドではココナッツミルクをふんだんに使ったカレーが人気。ココナッツミルクに加え、海老の旨みも豊かなこのカレーは米に混ぜて美味しいのはもちろん、トーストを浸して食べても最高なのです。

カレーの壺 とろっとナスのポークカレー(中辛)

いままでのレトルトカレーのイメージを覆す、シャバシャバっとしたスリランカ現地仕様のカレーにびっくり。スリランカ料理に欠かせないカラピンチャ(カレーリーフ)の葉も入っており、なかなか本格的。


―ちなみに本日は西武池袋本店で開催中のイベント・東京カレーカルチャー(2020年9月2日〜22日開催、イベントは既に終了)にお邪魔しています。デパートのレディースフロアで「カレーの催事」、今までになかった感じもしますが、カレー細胞さんはこちらのイベントを今回プロデュースされているんですよね。

カレーフェスを企画・プロデュースすることはよくあるのですが、こういった百貨店、しかもレディースフロアでの催事というのは非常に珍しいことだと思います。僕がネットで書いたカレーの記事を(西武池袋本店の担当者さんに)見ていただいて、何かやりましょうとお声がけいただいたところから話が膨らみ、このような企画が実現しました。


―どのようなテーマでやられているイベントなんですか。

超人気店に出店してもらいカレーの実売もしつつ、ミュージック、ファッション、アート、ライフスタイルという四つの軸で商品をセレクト、販売しています。



―カレーにミュージック、あまり馴染みのない組み合わせな気もします。

ミュージックだと、今回はサニーデイ・サービスの曽我部さんが協力してくれていて、カレーにあうレコードを選んでもらいました。

―ファッションという側面ではどのあたりになりますか。

カレーTシャツが面白いですよ。オリジナルでTシャツを作っているカレー屋さんも多くて、たとえば渋谷のケニックカレーさんとかはもともとデザイナーさんだから、自作とは思えぬクオリティです。実物のスパイスを閉じ込めたピアスだったり、「スパイスアクセサリー」も販売しています。アートという切り口ならば、インドがモチーフの絵がありますし、ライフスタイルでいうと食器やエプロンのような、生活を楽しくしてくれるアイテムが揃っています。



―単純に「食べるためのカレー」なのではなく、様々なジャンルと地続きで繋がっているのが面白いですね。最後にひとつ、家庭でのカレーライフをより楽しむためのアイデアを教えてください。

「スパイス飲み」が面白いです。カレーとお酒は合わないとおっしゃる方もいますけど、その先入観を崩したい。スパイスをお酒につけたものを炭酸水で割ったりして、カレーと一緒に楽しむ。いまはZOOM飲みとかが流行っていますが、ビジュアルと音声はあっても、香りとか肌触りはない。そういうものがコミュニケーションの中で失われていくことが僕はすごく嫌で、スパイスはそこを補完してくれるツールになりうると思っています。


―こういう時代だからこそ、香り豊かなカレーと、そこにスパイスがきいたお酒があったら楽しいですね。

どこかのお店で、友達と話しながらカレーとお酒を楽しんでいる気持ちになれると思います。でもやっぱりその起点はお店にあります。日本全国に素敵なカレー屋さんはたくさんあるので、レトルトカレーを入り口にしてもらいつつ、落ち着いたら実際にお店に足を運んでほしいですね。


カレー細胞(松 宏彰)
あらゆるカレーと変な生き物の追求。生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・海外あわせ3000軒以上のカレー屋を渡り歩く。雑誌・TVのカレー特集協力も多数。Japanese Curry Awards選考委員。毎月一店舗、地方からネクストブレイクのカレー店を渋谷に呼んで、出店してもらうという取り組み「SHIBUYA CURRY TUNE」を開催している。
[email protected]

Text: Shunpei Narita
Photo: Yoshimi Kikuchi

全国のカレー情報を日々発信しながら、イベントのプロデュースなどをおこなうカレー細胞さん。その原点には「カレーのことをもっと探求したい」そんな好奇心があるはずだ。KODEでも好奇心を刺激する体験やアイテムが当たる「好奇心パスポート」キャンペーンを実地中。KODEメンバー限定で、カレー細胞さんにも感想をお伺いしたレトルトカレーをプレゼント。さぁ、今すぐチェック!

応募期間:2020年8月31日(月)10:00 ~ 2020年11月26日(木)9:59
詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


SHARE