search search

いつでもそこにあるDear Allのやさしいコーヒー

気持ちのやさしいコーヒーを
親愛なるみなさんへ



僕たちの心を落ちつかせてくれる大切な時間。それぞれの生活を過ごしていると、嬉しいことも楽しいことも、またその反対のことも、いろいろなモノゴトがたくさんあるはず。それと同じ分だけ気持ちにもいろいろなことが巻き起こる。だから人は自分にとっての大切な時間をそっと持っていたいと思う。そんな日には、ちょっと立ち止まってコーヒーでも飲みませんか?東京・笹塚にあるコーヒーショップ『Dear All』のすこしあまくて、とってもやさしい一杯を親愛なるみなさんにお届けしよう。


親愛なるみなさんへやさしいコーヒーを−

家族や恋人と一緒に立ち寄ったり、友人と出かけたり、お買い物帰りのお母さんも、お散歩途中のおじいさんも、町を歩くすべての人にとって、何の気もなしに入りやすくて、居心地のいい空間と雰囲気。そして、みんなが美味しいコーヒーを飲みに来てくれたら嬉しいという気持ちから名付けられた『Dear All』。バリスタの峰村命さんと星祐太郎さんが、お客さん一人一人のためにコーヒーを淹れてくれる。コーヒーショップでコーヒーを飲むという、とてもかんたんなことを、時に忘れがちになってしまう。けれど、『Dear All』はいつでもやさしく、その場所に佇んでいる。峰村さんと星さんが淹れるコーヒーは、訪れる人々の幸せな時間に寄り添い、今日も笹塚の町でみんなを待っている。


− コーヒーショップをはじめたきっかけは?

峰村 「プライベートですごく落ち込む時期があったんですが、あるきっかけで前向きになることができました。それがコーヒーだったんです。僕のことを心配してくれた親友が軽井沢に連れ出してくれて、雪の降るその日に、ふと立ち寄ったお店の一杯のコーヒーに救われた気持ちになったんですよ。外の景色や雰囲気、それにコーヒーが本当に美味しくて、すごく力をもらいました。その翌週にはコーヒーを淹れる器具を買い揃えていましたね。それから知り合いのブランドやショップとお話しして、最初はケータリングでコーヒーを淹れに行っていました。」


− 『Dear All』をはじめてから嬉しいことは?

峰村 「みなさんが来てくれることですね。僕と同じようにフラッと立ち寄ったお店でコーヒーを飲んで、気持ちのどこかを落ちつかせてくれると嬉しいです。」


− 美味しいコーヒーを淹れる秘訣を教えてくれますか? 

峰村 「コーヒーのことをよく理解すること、焙煎された日から時間がたつと味が落ちてきたり、お湯の温度や気候もそうです。けれど、一番かんたんなことは一杯一杯のコーヒーを手で淹れることですね。」


− 峰村さんにとってのリラックスタイムは?

峰村 「僕はコーヒーを飲みに行っちゃうんです(笑)。」

− 『Dear All』のコーヒーの魅力は?

峰村 「体に良いことも悪いことも色々と言われていたりしますが、やっぱりコーヒーって嗜好品ですよね。嫌いな方ももちろんいますし、にがさが苦手な人も多いと思うんですけど、僕たちの淹れるコーヒーは決して苦くないんですよ。だから、これまでコーヒーを飲まなかった人にも楽しんで欲しいんです。レシピを作ったり、ロースターさんから豆を選ぶこともそうですし、砂糖やミルクがなくても、あまいコーヒーなら誰でも楽しめるかなと思っていて、そういったコーヒーのクオリティは日々、研究しているところです。みなさんにとって居心地の良い場所であることと、気持ちのいいコーヒーを淹れたいと思っています。」


Dear All
この秋、心も体も暖かさが欲しくなる季節に、
東京・渋谷INSPIRATION CULT BAR & GALLERYにて、
あまくて、やさしいコーヒーを楽しむワークショップを開催します。
皆さんと過ごす気持ちのいいひと時を、和気あいあいと楽しみたいと思います。
一緒に心地よいお話しをしませんか?


KODE読者から限定50名に、『Dear All Coffee Workshop』へご招待。峰村命さんをバリスタ・講師にお迎えして、やさしいコーヒーのお話しをしよう。併せて『Dear All』のお店でコーヒー豆がもらえるチケットをプレセント。気分のいい日に、お店に出かけて居心地のいい時間を過ごして欲しい。

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。

   



Dear All
dearalltokyo.com
Instagram:@_dear_all_
東京都渋谷区笹塚1-59-5
Tue-Fri:8AM to 8PM
Sat:9AM to 8PM
Sun:9AM to 7PM
Closed:Monday

SHARE

}