search search

日本だからこそ実現できる、ネクストステージのタコス

日本だからこそ実現できる、ネクストステージのタコス


タコスと聞いた時に、真っ先に思い浮かぶのはひき肉やチーズがたっぷり入ったファストフードのようなものではないだろうか。しかし今、そんなタコスのイメージを覆そうと、その可能性を模索し続けているお店がある。日本の新鮮で旬な食材を使ったタコスをコース料理で提供している三軒茶屋の『LOS TACOS AZULES』。メニューを見てみると「美桜鶏のカルニータスに菊芋サルサのタコス」や「イノシシのタコス」など、他では聞いたことのないようなタコスがずらりと並んでいる。これからのタコスとは一体どういうものなのか。店主のマルコ・ガルシアさんにお話を伺った。



− このお店のコンセプトを教えてください。

ローカルにあるいいものでタコスを作ること。そして、いろんな種類のタコスをお客さんに楽しんでもらうということです。

 

− 確かにここではタコスがコースで提供されていて、いろんな種類のタコスを味わえますね。

コースにすることで、タコスもお寿司と同じくらい面白いものが作れるっていうことを知ってもらいたいというのがあります。お寿司はすごく進化していますよね。食材にこだわって、手間をかけているものが多いです。美味しいものを作ろうとすれば、同じことがタコスでもできるかもしれない。そういう意味で、タコスの可能性を模索するために最適なやり方だと思っています。

 



− ぜ、コースで提供することにしたのでしょうか?

コースはトルティーヤからスタートします。やっぱりタコスは、トルティーヤを味わう料理だと思っています。トルティーヤだけで、ふわふわ、カリカリ、もちもちなどいろんな食感が一回で楽しめる。お客さんにも、最初にそんなトルティーヤそのものを食べることで、それぞれのタコスの違いを感じて欲しいという思いがあります。メニューは、毎回旬の食材を使うことにこだわっているので、季節の味覚を堪能できるラインナップになっています。





− こちらのお店のトルティーヤは珍しい色をしていますよね。

メキシコから輸入しているブルーコーンを使っているので青い色をしています。この生地を作るのがこのお店のこだわりポイントであり、大事なプロセスです。大体のトルティーヤはすでに粉になっているトウモロコシに水入れてかき混ぜるだけなんですが、ここでは製粉から手がけています。時間も手間もかかるけど、やっぱり味が全然違いますね。

 



− メニューがとても斬新ですね。そのアイデアはどのようにして思いつくのでしょうか?

今回は、『天然ブリと自家製チポトレマヨネーズのトスターダ』と、『イノシシのタコス』、『美桜鶏のカルニータスに菊芋サルサのタコス』の季節に合わせたメニューを用意しました。ファーマーズマーケットや、デパ地下に出かけた時に、美味しそうな食材に出会ったらお店で使います。例えば、いいオレンジがあれば、メキシコ料理でオレンジを使ったものってなんだろうって一旦考えてから、メニューを決めますね。日本の面白い食材を使って、美味しいタコスを作りたいという思いがあります。今は、ユリ根や烏骨鶏の卵などを使ったメニューを考えてみたいです

 


− お客さんの反応はどうですか?

日本の食材でこんな使い方があるんだってびっくりされますね。『へぇこんなタコスがあるんだ!』みたいな。日本ではタコスの文化がまだ定着していないので。分かりやすくいうと、日本料理が全く知られていない異国の地で懐石料理をやっている気分です。でも、そういうのも理解していたので、タコスを初めて食べる人のために、土日限定で朝タコスというのもやっています。もっと気軽に食べられるように値段を下げてアラカルトで出していますが、好評です。

 

− 日本にどんどんタコスが広がって行って欲しいですね。

そうですね。先ほども言いましたが、タコスにはすごく可能性があると思っています。パスタとかパンと同じように、自分の家にトルティーヤがあって、それを余った料理で簡単に作る。これから、そういうのが日常になっていくんじゃないかと思っています。

 

− これからどういうことに挑戦していきたいですか?

イベントを開催したいです。現在、東京タコスセッションズというイベントを企画していて。僕自身が気になっている食関係の人を呼んで、彼らのインプットをもらって、タコスの可能性を模索していけたらいいなと思っています。あと、これから月一くらいのペースでメキシコの人を呼んで、メキシコの伝統料理を食べてもらうというイベントもやりたいですね。イベントをきっかけに、本当に美味しいタコスやメキシコ料理を日本で知ってもらいたいです。



『LOS TACOS AZULES』のタコスは、手で食べた時に口の中で合わさるバランスまで計算され、こだわり抜かれている。美味しさの秘訣を聞いてみると「なんでもそうだとは思いますが、考えながら丁寧に作っているからです」と答えてくれたマルコさん。日本の旬の素材を活かしたタコスの繊細な味わいを体験しにぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。


LOS TACOS AZULES

営業時間:18:00~23:00 (土曜10:00~14:00 18:00~23:00 日曜10:00~16:00)

定休日 : 月曜日、火曜日

住所:東京都世田谷区上馬1-17-9

TEL03-5787-6990

Instagram:@lostacosazules_jp

https://www.lostacosazules.jp

 

SHARE