search search

横町健さんの生活に寄り添う、 ヘルシードリンク事情

食の先端エリアであるLAから続々と上陸してくるヘルシーフードのニューウェーブ。なかでも最近は女性やアスリートを中心に健康志向なドリンクがブームとなりつつある模様。そんな最中、ボタニカルカルチャーに明るく、都内で複数のカフェを経営し、さらには週に3日以上も格闘技に没頭するなど公私ともに多彩な活動を行うクリエイターの横町健さんも、その潮流を受けた人物のひとり。今話題のスムージーやコールドプレスジュースが横町さんのライフスタイルにもたらす影響について伺った。


—まず初めに横町さんの普段の活動ついてお話を聞いていけたらと思っています。現在はカフェや植物をテーマにしたショップの運営や内装のデザイン業がメインのお仕事になるのでしょうか?

横町:そうですね。2008年に「アネアデザイン」という飲食店などの店舗の内装デザインを手掛ける会社を立ち上げて、その年の12月に「anea cafe」というカフェをオープンさせました。カフェは現在、参宮橋と中野新橋、学芸大学、白金の4店舗まで拡大しています。また昔から植物が好きだったことが高じて、2014年には「BASE ANEA Botanize」という名で植物をテーマにしたお店兼事務所も代官山にオープンさせました。ここでは主に塊根や多肉植物、園芸用品などを扱っています。


—そんな多彩なお仕事をされながら、最近ではブラジリアン柔術にも熱を上げているとお聞きしました。

横町:はい。数年前から通い始めたんですが、元々凝り性な性格なこともあり、現在も週に4日は道場に足を運んで汗を流しています。帯も紫帯を習得し、最近では大会などにも出場しながら楽しくやらせてもらっていますよ。

 

—なんでも横町さんが通っている「CARPE DIEM」では、様々な職種の経営者の方やクリエイター、海外の方が多く在籍しているなど、とても賑わっているみたいですね。

横町:そうなんです。初めは当然、格闘技自体に興味を持って門を叩いたのですが、次第にストレスのない働き方を目指しながら、日々のライフワークとなるような趣味になれば良いなと思っていたんですが、思った以上にのめり込んでしまいました(笑)。その理由として、もちろんブラジリアン柔術自体の奥深さや楽しさはあるのですが、この「CARPE DIEM」で出会う個性豊かな人々からの刺激も大きいんだろうなと思います。


—ブラジリアン柔術の魅力はどんなところになるのでしょうか?

横町:一言で表すのは難しいのですが、僕の場合は経営者としての顔もあるので、普段仕事で評価されたりすることがないんですよね。その中で帯の色だったり、大会で良い成績を収めたいと言った目標を設定してそれに向かって頑張れる対象があるっていうのがやり甲斐に繋がっているのだと思います。あとはマラソンなどの個人スポーツとは異なり、格闘技はあくまでも対人間。そこで生まれるコミュニケーションやメンタル的な部分も今の自分に合っているんだろうなと思いますね。


—なるほど。ブラジリアン柔術と出会って、日々のライフスタイルにもなにか変化は生まれましたか?

横町:まず「CARPE DIEM」へ行くのは基本的に出社前の朝の時間帯が多いので、ONとOFFのメリハリが生まれますし、生活リズムが規則正しくなったと思いますね。あと最近食生活にも気を使うようになって、毎朝欠かさずアサイーとミックスナッツ、シリアル、ヨーグルトを食べるのが習慣になっています。もう6年間くらいは続けていますね。この生活になってから体だけじゃなく頭もすっきりとするんですよね。


—その中で、いま巷で話題になっているコールドプレスジュースやスムージーなどはいかがですか?

横町:もちろん飲んでいますよ。最近はコンビニなどでも扱っていますが、やはり量販品だと味が甘すぎたり、栄養分が足りなかったりもするので、行きつけのお店に買いに行ったり、時間がないときはUBERで頼んだりして、活用しています。体を動かした後などには最適ですよね。


—それぞれ違いはどんなところになりますか?

横町:比較的スムージーの方が飲みやすい認識がありますね。ジュース感覚で1日に必要な栄養分を摂取できて、時間がないときの朝ごはん代わりとかにも良いですよね。逆にコールドプレスジュースは、最近ハマり始めて、味はストイックなモノが多い気がします。その分栄養価も高く、値段も高いですよね。しかも聞いたところによると二日酔いにも効くらしいですね。


・What is Smoothie? 
新鮮な野菜と果物をミキサーやブレンダーで混ぜたドリンク。野菜や果物の栄養をまるごととれるのでビタミン、ミネラル、食物繊維などが非常に豊富。食材の繊維質も含まれ、とろみがありことで十分な満足感も得られ、ダイエット中の食事にも最適。

・What is Cold press juice?
スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーで材料に熱を加えず(コールド)、強い圧力をかけてすりつぶして(プレス)搾ったジュースのこと。これまでジューサーといえば遠心分離製法の高速回転のジューサーが主流だったが、この粉砕・圧縮製法のスロージューサーは、一分間に75~160回転という低速回転で石臼のように材料をすり潰し、強い圧力で時間をかけて搾汁するため、熱の発生が少なく、栄養素の破壊を最小限に抑えて搾汁することが可能に。スロージュース、ロージュースなどの呼び方は様々あるが、基本的には同義。

・What is Difference?
最大の違いは繊維質が多いか少ないか。スムージーはミキサーでかき混ぜて細かく砕いただけなので食材に含まれる食物繊維が残りますが、コールドプレスジュースは食材の繊維質を取り除いた果汁のみ。繊維質を積極的に摂取し、満腹感もほしいという方にはスムージーを、野菜不足で素早く栄養だけ摂取したいという方にはコールドプレスジュースをおすすめします。


この日、ブラジリアン柔術の練習後に飲んだコールドプレスジュースはこちら。「sky high」の代名詞でもあるESSENTIAL 1。グリーン系の野菜を中心に、横町さんも思わず「ストイックだね」と唸るほど、栄養素の高い完全無添加なヘルシージュース。

ESSENTIAL 1 
ケール、ほうれん草、セロリ、パセリ、キャベツ、キュウリ、リンゴ、スピルリナなど
Lサイズ(500ml)¥1960 


続いてこちらが同じく「sky high」の定番スムージー。季節の野菜に加えてフレッシュな果物も多めにミックス。味わいはその分ソフトでまろやか。ビタミン、ミネラル、食物繊維が特に豊富。

GREEN 
Lサイズ(500ml)930円
季節の野菜、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、パイン、スピルリナなど


ここは横町さんが普段行きつけにするヘルシードリンク専門店の「sky high」。無農薬や自然農法で育った野菜や話題のスーパーフードをふんだんに使った100%RAWなスムージーやコールドプレスジュースを各種揃えている。その中で横町さんが通うのが、「CARPE DIEM」からも近い、青山店なのだそう。ちなみに横町さん的には、『かっこ良く、美味しく、健康に。が叶うスタイリッシュなお店です』とのこと。

sky high AOYAMA
東京都渋谷区渋谷2-3-4
03-6427-2717
10:00〜19:00(月〜土)、12:00〜17:00(日・祝)
無休
skyhigh-tokyo.jp


また、普段は「sky high」を行きつけとする横町さんの気になるお店がもう1店舗。スムージーとコールドプレスジュースはもちろん、さらにはアサイーボウルも提供するヘルシーショップ。横町さん曰く『豊富なメニューと材料のカスタマイズが魅力!』とのことで、店名の通り農家から直送の新鮮な野菜や果物を楽しめるお店でもあります。

FARMERS' JUICE TOKYO 駒沢店
東京都世田谷区駒沢1-17-14
03-6450-9097
10:00〜19:00
無休
www.farmersjuicetokyo.com

SHARE

}