search search

人気バーテンダーがソーダストリームで作る、自宅で楽しむカクテルとは!?


作りたての炭酸で味わうオリジナルカクテル

21歳で単身渡英。バーテンダーとして7年間をロンドンで過ごし、帰国後はフグレントウキョウのバーマネージャーを務めた野村空人。昨年にはドリンクコンサルタント会社[ABV+]を立ち上げるなど、精力的な活動が目立つ彼に、自宅で手軽に炭酸水を楽しむことができる「ソーダストリーム」を使ったオリジナルカクテルの作り方を教えてもらった。


―今日はどんなカクテルを作ってくれるんでしょうか。

ソーダストリームで作ったフレッシュな炭酸水を使ってカクテルを作ります。爽やかな口当たりで、これからの季節にもぴったりな一杯です。


―早速作り方を教えてください。

はい。まず用意するものですが、濃い目に抽出したジャスミンティー、アペロールというハーブリキュールとエルダーフラワーリキュール。そしてスライスしたオレンジになります。



アペロールは主に食前酒として飲まれているイタリアのお酒で、ソーダで割ったりすることが多いです。オレンジやハーブが入っていて、甘いんですけど苦味もある。15mlほどメジャーカップに入れてから、グラスに注ぎます


次にエルダーフラワーリキュールを15mlほど加えます。これはヨーロッパではポピュラーなもので、お菓子作りなどにも使われたりします。アペロールとエルダーフラワーリキュール、合わせて30mlほどをグラスに入れます。


ソーダストリームを使って炭酸水を作った容器に、濃い目に抽出したジャスミンティーを注ぎます。炭酸状態のジャスミンティーを作るイメージです。しかしこれだけを単体で飲んでも、特段美味しいものではないんです。でもカクテルになるとちゃんとハマる。組み合わせによって、嫌なところをカバーして、別のものが出来ることもカクテルの面白さだと思います。


ここでグラスに氷を3個程入れてステアします。というのも冷えている方が、炭酸のバブルが消えにくいんですね。だからリキュールを合わせたものも、一旦氷を入れて冷やしてあげる。


さらに氷を二個ほどグラスに加えて、炭酸化したジャスミンティーを90mlほど注ぎます。リキュールが合わせて30ml入っているので、割合としては1対3くらいのバランスです。甘いのが好きならば、エルダーフラワーリキュールの量を増やしてもいいと思うし、そのあたりはお好みでどうぞ。


最後にオレンジのスライスを入れることで、香りがしっかり立つのと、カクテル全体の輪郭がくっきりと仕上がります。とても簡単なので、ご家庭でも楽しんでいただけると思います。


―今回このカクテルを作った理由を教えてください。

時期的に爽やかなものがいいだろう、ということが一つあります。そしてカクテル離れも言われている中で、カジュアルに飲めるとしたら何があるかな?という視点でも考えてみました。手間がすごく少ないし、特別な技術も必要ありません。


―カクテルを作る上で、コツのようなものはありますか。

「苦さ」が一つポイントだと考えています。今回ならば、アペロールは甘さもあるけど、苦味も要素として持っている。そこにしっかりとした苦さのジャスミンティーを合わせてみました。二つの苦さがちょうどいいバランスになるように見極める。苦すぎない絶妙なライン、超えてはいけないボーダーをちゃんと押さえて、そこに色々なフレーバーを足していくイメージです。


―ソーダストリームは使ってみていかがでしたか?

実際に触るのは初めてだったのですが、以前から使ってみたいとは思っていて。炭酸を入れてカクテルを作っている方も最近は増えていますしね。「どんなものが出来るんだろう」という期待感も含めて楽しかったです。最初は音にビビったりもしたんですけど、ちゃんと理解して操作すれば、しっかりした炭酸ができますし。強弱も調整できるので、面白い使い方もできると感じました。



―色々なカクテルを作ることが多いと思うのですが、「ソーダストリーム」があると、楽しみ方が広がる感じはしますか?

広がりますね。本当に色々なバリエーションが考えられる。別に使い方はドリンクだけじゃないと思いますし。例えば今日作ったカクテルの、氷の部分がアイスクリームだったら、フロートのようにもなりますよね。飲むだけじゃなくてデザート、スイーツドリンクのような楽しみ方もできるはず。小さいカフェとかで、一台あったらとても便利だなって思いましたね。もし自分の店を持つとしたら、絶対に欲しいアイテムです。


KODEメンバー限定で、ソーダストリームを15名様にプレゼント。野村氏に教えてもらったカクテルを作る際にはもちろん、自宅で手軽に炭酸水を楽しむためのマストアイテムだ!

応募期間:2019年3月1日(金) 11:00 ~ 2019年4月16日(火) 9:59

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


本キャンペーンは終了しました。



野村空人
ロンドンに美術留学していた際、友人の誘いでバーテンダーに。7年間に渡り、ロンドンでバーテンダーとして働く。その後ノルウェーの名店、フグレン初の海外店舗である[フグレン トウキョウ]にて3年間バーマネージャーを務める。現在はドリンクコンサルタント会社、ABV+での活動のほか、フィンランド産ライウイスキー&クラフトジンブランド「キュロディスティルリーカンパニー」ブランドアンバサダーを務める。

SHARE