search search

名実ともに圧倒的! コーヒーカンパニー「ミカフェート」の真価

ストーリーが詰まった味わい深い一杯

コンビニで手軽にコーヒーを楽しむことができ、ストリートにはコーヒーショップが群雄割拠する時代において、圧倒的なクオリティで他社の追随を許さない「ミカフェート」を知っているか。生豆の生産からはじまり、こだわり抜いた一杯のコーヒーを提供し続けるために、超えねばならない課題や高い品質管理基準はいくつもある。段違いの味わい深さはひとりひとりのスタッフの心意気が込められているからこそで、今回はミカフェートの焙煎士としてコーヒーに日々向き合う、柏恵子さんへインタビューを行った。彼女の言葉から滲み出る、コーヒーにかける情熱とプライド。


—柏さんはもともとコーヒーが好きだったんですか。

コーヒーは元々好きでした。私が淹れたコーヒーを家族が「おいしいね」と言ってくれることが嬉しくて。もっとお家で飲むコーヒーをおいしくしたいなと思い、生豆を買ってガスコンロで焙煎して飲むようになったんです。そうして色々な生豆を探しているうちにミカフェートにたどり着きました。

—ミカフェートのコーヒーとはじめて出会ったときはどう感じましたか。

初めてミカフェートの生豆を見た瞬間に、「ああ、なんか全然違う!」と驚きました。豆の一粒一粒がとてもキレイで活き活きとしていました。その違いは焙煎をしたことのある人であれば一目瞭然だと思います。


—“コーヒーハンター”の異名をとる、代表の川島さんが見つけてくる豆はやはり特別なものなんですか。

働いている中でも感じますが、代表の川島が探してくる豆、見つけてくる豆というのは、それぞれ違う表情を持っていて、焙煎ごとに違う味が出てきます。そういう希少性の高い豆について、どういう環境で育ってきたものなんだろう? とか、どういう人たちが作った豆なんだろう? みたいな豆の裏側にあるストーリーを知ると、なるほど、だからこの味なんだという納得感があって本当に勉強になります。そういうストーリーの中に私が参加させていただいているんだなと思うと、身が引き締まる思いです。

—日本のコーヒーカンパニーの中でも、コーヒー豆を育てるというところにまで気を配っている会社はほとんどないですよね。やはりそれは大きな強みなんですか。

ただ農園に出掛けて行って買ってくるということはしないんです。私たちの理念や生産方法を理解して実際に行っていただけるかが大切なんです。ミカフェートが求めるスペックを、農園の方々が妥協することなく守っていただいているという点は、高品質なコーヒーを提供する上で欠かせない要素。前提としてコーヒーは農産物なので、味わい自体も毎年変化するんですけど、だからといってクオリティが上下してもいいわけではないので、明確な基準の下に厳しくチェックをしています。

—どのようなチェックをされるんですか。

収穫された生豆のサンプルが届くと、水分値や密度、大きさなどいくつかの基準が守られているかどうか確認し、カッピングもそこで行います。何度も焙煎してばらつきがないかチェックして、その上でOKでしたら入荷となります。もちろんサンプルで送られてきたものと、入荷したものが相違ないかといった点検も、入荷時には全ての行程を再確認します。



—ハイグレードな豆の良さを損なわない焙煎ということで、プレッシャーも大きくないですか。

豆の表情や、香りの変化を一瞬たりとも見逃すことはできないので、確かに気を抜けない作業です。そこに全てを集中できるように日頃から意識しています。ミカフェートの製品として仕上げるために、生豆の様子にも気を配りますね。焙煎中は豆との会話をし、焼き上がった豆を確認する時が一番緊張します。ミカフェートが求める味に焼き上がっている時には達成感を感じます。


—すごく誇りを持って仕事をされていると感じるのですが、改めてミカフェートさんのコーヒーの魅力はなんですか。

高いクオリティを維持するために、農園で若葉が芽吹く前からちゃんと管理をしてもらうことや、リーファーコンテナ(定温コンテナ)を使っての輸入や入港後も定温倉庫で保管するなど、全ての工程において“ミカフェートスペック”と呼ばれる高い基準があることだと思います。アフターソーティングといって、焙煎した後の豆の欠点豆を取るプロセスにまであるんです。それ以外にも製品を作る工程、梱包、出荷まで気を配るポイントがたくさんあるので、そこに携わるひとりひとりの思いが、製品の中には込められている。だからこそ提供されるコーヒーにはその全てが凝縮されているのかなと。


—今回KODEのクリスマスプレゼント、プルミエ クリュ カフェ「ルワンダ キグフィ農園」について、こちらを焙煎する際のポイントなどあったりするんですか。

プルミエ クリュ カフェクラスであるルワンダコーヒーの魅力は、甘みと明るい酸と複雑な味わいが特徴なので、それを最大限に引き出せるように気をつけています。ワングレード下位に位置しているコーヒーハンターズクラスの豆を超えるような素晴らしい味わいを持っているだけに、焙煎には細心の注意を払って中国茶にも似た繊細な香りを逃さない工夫を凝らしています。


—最後に柏さんが目指している焙煎士のあり方を教えてください。

生豆のポテンシャルを引き出し続けるのが焙煎士の仕事なので、どうしたらおいしくなるのかな、そのためにはどうしたらいいのかなというのを、自分自身に常に問い続けることをやめてはいけないと思っています。将来的にはレゼルバクラスの豆やナチュールクラス、最終的にはグラン クリュクラスの豆の焙煎ができるようになりたいと思っています。現状に満足せず、常に問いを持ち続けることで、焙煎士としてもっと成長していきたいですね。


ミカフェート
創業者は“コーヒーハンター”の異名をとるJosé. 川島良彰氏。コーヒー豆の輸入・販売、カフェ及びフランチャイズ事業、コーヒー及びコーヒー豆に関するコンサルティングを行う。店舗は東京を中心に全国に展開している。一流のバリスタを揃えたラグジュアリーなサロンや日常で使えるカフェ、販売・テイクアウト専門店まで幅広いニーズに応える。“すべてのコーヒーをおいしくすること”をミッションに掲げ、こだわり抜いた商品ラインアップを展開。

Instagram: @micafeto

Interview: Ririko Sasabuchi
Text: Shunpei Narita
Photography: Yoshimi Kikuchi


KODEメンバー限定で、一級畑だけで穫れたプルミエ クリュ カフェ「ルワンダ キグフィ農園」をプレゼント。こだわり抜いた一杯をご家庭でも楽しんでほしい!

応募期間:2019年12月9日(月) 10:00 ~ 2020年1月8日(水) 9:59
詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


SHARE