search search

新進ビートメイカーBIG-8の歩むHIP HOP DREAM

音楽への正直な本音
サウンドと夢の創造



色々な音楽シーンが巷にはあるけれど、どういった音が好き?ストリートや仲間の間での流行りや旬のトップチャートにも良い音楽が流れているし、音楽が好きでレコードショップをクルージングして自分なりのMIXを楽しむといったことが、今の音楽のことや街の空気を吸い込むことにつながって、さらなるこだわりの楽しみ方でもある。音への興味は誰にでもあるものだからこそ、まさにネクスト・カミング・アップなクリエイターに注目したい。東京を拠点に活動するBIG-8さんはSOUL、JAZZ、そして90’s HIP HOPをこよなく愛する、新たなるビートメイカーだ。これからの音楽シーンもストリートでも、大いなるサウンドを生み出していくだろう期待の新星をフック・アップして盛り上げたい。


− 音楽を始めたきっかけは?

「小学生や中学生の頃はみんなが聞くようなJ-POPを聴いてて、その頃はHIP HOPを知らなかったわけじゃないんですけど、あまり聴いてなかったんです。高校に入ってからテレビでKREVAが出ていたのを聴いた瞬間に“なんだこれは!?”って感じだったんですよ。今、思うとそれが僕のHIP HOPの始まりだったかもしれないですね。そこから大学に入ってNASとかJAY-ZとかKANYEとか、まったく何を言ってるか分かんないけど聴いてたんです。でもそれぐらい、いつのまにかHIP HOPに惹かれてて、その頃は自分でリリックとか書いちゃったりして(笑)。でも、それは今考えると全然本気でやってなくて、遊び程度でしたね。

− そこからビートメイカーになろうと思ったのは?

「本当に自己満足で趣味的に楽しんでいた時、さらに衝撃を受けたのが、動画サイトで見たDJ Premierで、何か叩いてたんですよね。叩いて音が出る機械を。今は、それがサンプラーだってわかるんですけど、叩いて音が出る機械って、それに凄く衝撃を受けてMPCを購入して。それが音楽を始めたきっかけになりました。」


− 音作りで大切にしていることは何ですか?

「ミキシング、マスタリングまですべて自分でやるようにしてます。昔、人にミキシング、マスタリングを頼んだことがあって、自分の好みの音に仕上がらなかったんですよね。僕自身その時は専門用語なんかもよくわかってなかったのでエンジニアさんに上手く伝えられなくて、なんて言えば理解してくれるのか分からなくて、とりあえずその時はオッケーしちゃったんですけど、それからは自分自身が勉強しないことには、まず始まらないなと思って、今一人でやるようにしてます。それが結果的に、自分にとって音作りに対して大切にしているところになっています。」

僕らのSOULを躍らせるBIG-8サウンド−

みんなが好きな、それぞれの音楽。思い思いの趣味嗜好が表にでるもの、それは聴いている音楽ではないだろうか?確かなカタチをとって現れるわけではないのだけれど、好きな音楽、聴いていた音楽が一緒だったりすると、何だかすごく嬉しい。BIG-8さんは90’sミドルスクールの黄金期のHIP HOPをベースに抱く、きっとストリートをサバイブするどのヘッズにも突き刺さるサウンドを創り出す。


− インスピレーションが湧く瞬間は?

「一番多いのは仕事をしている時ですね。家で“よし、やろう!”と思っても他のものに目がいったりして、なぜか中々インスピレーションが湧かないんですよね。たぶん高校生の時と同じで、家にいると他の何かがあってそっちに目がいっちゃうんですよね。だから僕は高校の頃、勉強できませんでしたけどね(笑)。僕が働いている『SOUL SISTERS』にも音楽があって、レコードがやっぱり好きなんですね。聴きながら、これ良いなとかって感じです。」


− ライブで感じるものは?

「オーストラリアのビートメイカーとライブする機会があって、その時にすごく差を感じました。何にって、彼らはライブをめちゃくちゃ楽しんでるんですよね。僕の場合、ライブの時は失敗しないように機材に集中してて、自分では楽しんでるつもりだったんですけど、実は楽しめてないんじゃないかと思っちゃって、それはお客さんから見てもそうだろうし、その人たちの後に僕がライブをしたので、劣等感みたいなものがあったのかもしれないです。もちろん彼らのビートメイクにも衝撃を受けましたし、その時の自分の中での気づきにもすごく衝撃を受けましたね。」


− 好きな音楽スポットはありますか?

「『SOUL SISTERS』もそうですけど、自分の好きなThe Isley BrothersとかのSOULのレコードを聴いている時の家ですね。自分の好きな音量とかで聴けるので(笑)。」



BIG-8という名のMID-SCHOOL HIP HOP−

ミドルスクールHIP HOPを中核にしてビートメイカーとしてのキャリアを一つずつ登っているBIG-8さん。それでも細分化の進んだ音楽シーンの中で、カテゴライズされるジャンルも増えて、少し肩身の狭い思いをしたり、例えばミドルスクールと言えば、NASやCOMMONといった輝かしいアーティストが筆頭されることに、少しだけ後ろめたい気持ちも持ちつつ、それでも自らの志したストーリーを突き進む。そんな新進のビートメイカーにとってのチルタイムはどんなものだろうか?


− リラックスタイムは何をして過ごしていますか?

「アニメを見ていたり、ネタ探しにレコ屋行ったり、CD買いに行ってますね。でも、なによりのリラックスタイムは料理してるときです。」

− リフレッシュに欠かせないものは?

「本当にこもってばっかりなので、急に誰かに呼び出される休日って好きなんですよ(笑)。自分で何かをやろうとすると、どうしても音楽になっちゃうんですよね。友達と外で遊んでる時はリフレッシュできますね。急に海とか連れ出されたら最高ですね。」

− ご自身が大切にしていることは?

「ずっと曲作りはしていたいという気持ちです。もし僕が上手くいった時に、みんなが夢を見れる存在でありたいという思いがありますね。ちゃんと地に足つけて地道に上がっていく感じを見せれたらなと、そこだけは大切にしています。誰でも上がっていけるようなステップで音楽をやって、夢を与えられる存在になりたいと思っています。」


BIG-8が奏でる大いなるビート−

今、手元にある数台のサンプラーマシン。その機材だけでどれだけかっこいい音を作れるかに挑み、最新のクリーン過ぎるサウンドではなくて、どこか気持ちが良いBIG-8の音を生み出していく。自身のそれとはまた別に、若手ラッパーたちにビートを提供する活動はHIP HOPシーン全体にとっての新たなるフロウを予感させる。2019年が明けるとSpotifyで配信される、BIG-8ビートテープを心待ちにしながら、正直に音に耳をすませたい。


BIG-8
Instagram:@big81993



東京を拠点に活動するビートメイカー、プロデューサー。SOUL、JAZZ、料理をこよなく愛する。大学に入った頃リリックを書き始め、ラッパーとして音楽を始める傍らでDJ Premierの影響を受けビートメイクを始める。その後、都内を中心に勢力的に活動を始め2017年自身フルプロデュース作品『Authentic EP』をBandcampで期間限定リリース。現在では世界に向けてストリートカルチャーを発信する、クリエティブ集団『INSPIRATION CULT』にビート提供するなど活動の幅を広げている。2019年1月には1stビートテープをリリース予定。今後グローバルな活躍が期待される。

SHARE

}