search search

注目のマルチプレイヤーKan Sanoの音楽との向き合い方


自分を追い込むことで生み出される楽曲たち

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーなど、幅広い音楽活動をしているKan Sano。新世代のトラックメイカーとして注目を集める一方、マルチな才能を持ち、独自のスタイルを確立している彼の、曲作りへの向き合い方や、今影響を受けているものなどにフォーカスした。


―音楽を始めたきっかけを教えてください。

小学校5年生のときに、クラスの女子がMr.Childrenを聴いていて、「これかっこいいな」と思ったのが最初のきっかけです。それまであまり音楽に興味がなかったんですけど、初めて自分でミスチルのシングルCDを買って、そこからどんどん音楽にのめり込んでいきました。その後、ビートルズにはまり、家にあったクラシックギターやピアノを勝手に触ったりしていくうちに、自ら曲作りなどもするようになりましたね。


―音楽に興味を持ち始めて、早い段階で曲作りもされていたんですね。

そうですね。自分も同じように曲を作って、歌いながら楽器を弾いてというようなことをしてみたいと思ったので。その頃から、デモテープのようなものも作っていました。リスナーとしてというよりも、演者としてスタートした感じですね。


―Kanさんはキーボードを始めとして様々な楽器を自分で演奏し、お一人で曲を作られていますよね。ギターやピアノと同じように、他の楽器に触れていったのも自然の流れだったのでしょうか。

やっぱり、楽器に触れ始めたときから曲を一人で全部作っているので、それが根本にあるのかもしれません。楽器は、高校生くらいからバンドを始めて、そこでドラムやベースなどを触らせてもらったりしていた延長です。


―音楽を作る際に、音楽以外のものからも影響を受けることはありますか。

正直、意識してインプットするという感覚はあまりないのですが、よく漫画を読んだり、映画を観たりします。楽曲に直接的な影響を受けているというよりも、同じもの作りをしている人間として刺激を受けている感じですね。


―漫画はどのようなものを読まれるのですか。

僕は、けっこうバッドエンドのものが好きです。あまりにも都合良くハッピーエンドになっちゃうと、そんな世の中うまくいかないだろうと思っちゃうので。今は、鳥飼茜さんという漫画家さんがすごく好きですね。漫画って、アシスタントはいても、基本的に(物語は)一人で全部作るじゃないですか。それを一人でやってのけるのは、相当なストレスとかプレッシャーがあるのではないかなと思うんです。僕自身、全部一人でトラックを作るタイプなので、けっこう気持ちがわかるところもあるというか。


―Kanさんも、音楽を作っている最中は作品にのめり込むタイプですか。

完全にそうですね。この間出したアルバム『Ghost Notes』は制作にかかった1年間、ずっと緊張の糸が張ったままだったように思います。他の仕事も並行してやっているのですが、ずっとアルバムのことが頭の隅のほうにありましたね。(作品作りの時は)今周りで流行っている音楽とか、今までの自分の作品とか、全部聴いたりして、「自分はこういうことをしたいわけではないな」と選択しなかったことの連続で今まできているんですよね。そうすると、選択肢がどんどん少なくなってきて、結局自分で自分を追い込んでいるんですよね。




―それは、とても苦しい作業になりそうですね。

そうですね。いつもそんな感じです。


―合間にリフレッシュなどはされたりするんですか。

それこそ、漫画を読んだり、映画を観たりすることはリフレッシュにも通じていますね。あと、ツアーなどでいろいろな場所に行くというのももしかしたらリフレッシュになっているのかもしれないです。体力的には疲れるんですけど、気分転換にもなるし、いろいろな人と会ったり、いろいろな町を訪ねるというのはけっこう楽しいです。


―リフレッシュが次の制作に無意識に影響していることもありそうですね。

具体的には自分の中でも明確ではないですが、影響は間違いなく受けていると思います。


―今回はMUSICANVASで音楽を流しつつ、取材させていただきました。実際に使用してみていかがでしたか?

こんなにアナログな見た目をしているのに、Bluetoothに対応しているのは面白いですね。そして、周りが紙で作られているから、音質も温かみがあって良いと思いました。


―これからの活動はどのようなものがありますか。

7月24日には、発売中のCD『Ghost note』のDISC2に収録されていたカヴァー曲集『pr_soul_01-08』が配信でリリースされます。また、11月1日に所属レーベルイベントの「origami SAI」にも出演予定です。年内の予定も多く詰まっていますので、ぜひチェックしていただければと思います。


Kan Sano
石川県金沢市出身。1983年生まれ。UA、RHYMESTER他、様々な著名アーティストのライブやレコーディングに参加。CMやラジオのジングルなど多数の楽曲提供を行っている。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックを牽引する存在である一方、ピアノ即興演奏ライブなども展開する一面を見せ、ジャズとクラシックの融合したような独自のスタイルが話題になる。
Kan Sano自身が影響を受けたというアーティストをフィーチャーしたカヴァー曲集『pr_soul_01-08』が配信中。
Apple Music: https://music.apple.com/jp/album/pf-soul-01-08/1471963022
Sportify: http://open.spotify.com/album/7xhr8sSNWCS4eudN3n2Xpj

http://kansano.com
Instagram: @k.an.s.an.o
Twitter: @kansano

「origami SAI」
日程 2019年11月1日(金)
会場 渋谷 CLUB QUATTRO
時間 OPEN 17:30 / START 18:30
出演 Ovall / Kan Sano / mabanua / Michael Kaneko and more
チケット http://ori-gami.com/
お問い合わせ Smash https://smash-jpn.com/live/?id=3188 (Tel. 03-3444-6751)

Text: Ririko Sasabuchi
Photo: Eisuke Asaoka

KODEメンバー限定で50名にMUSICANVASをプレゼント!イケてる見た目でどこにでも持ち運べるスピーカーで音楽を楽しもう!


応募期間:2019年6月10日(月) 11:00 ~ 2019年8月15日(木) 9:59

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。




本キャンペーンは終了しました。


SHARE