search search

KODEスペシャルイベントフォトレポート!

2017年も残すところ10日足らずとなった12月22日金曜日。六本木の喧騒の中に佇むクラブ1 OAK TOKYOでは、KODEのスペシャルイベントが開催され、この日も変わらず人々がパーティーに興じ、シャンパンのボトルが空けられた。
 
「唯一無二(One of a kind)」を意味する名前を冠する1 OAKは、ニューヨークを本拠地とするナイトクラブ。チェルシー地区に開店後、ラスベガスやロサンゼルスにも進出し、本年8月にはアジアで初となる東京にグランドオープンを果たした。

One of 1 OAK TOKYO’s own security, Mr. Bird.
 
都内各地にひしめく他のクラブと一線を画すのは、なんといってもその圧倒的なラグジュアリー感である。人気DJによる選曲や海外アーティストのパフォーマンスはもちろんのこと、Rihannaのアルバム『ANTI』のアートワークを手がけるRoy Nachumによる現代アートを配した内装と、最高級のサービスが特長だ。

こうした要素が、まさに唯一無二の空間を創り上げ、8月のオープン以来、アンテナの高い多くのパーティー・ピープルを魅了してきた。この日もオープンと共に、年の瀬の寒空の下でドレスアップした人々が列をなしていた。


InstagramのKODE公式アカウント(@kode_official)をフォローすることで応募できるキャンペーンの当選者も立ち入った2階VIP席の非日常感は格別。手すりに寄りかかって1階のフロアを見下ろしたり、ソファに腰掛けてドリンクを注文したりと、思い思いに贅沢な時間を過ごしていた。
 
この日はゲストとして、アトランタを代表するラッパーMadeinTYOが登場。10代の約半分を横須賀で過ごし、よく六本木のパーティーに行っていたという彼は、予定より15分ほど早く会場入り。リラックスした様子で、DJブース横のVIP席を陣取り、東京の仲間らと共に久しぶりの六本木を満喫しているようであった。
 

なんといっても注目は彼や彼のクルーが着用していたフーディ。その背中には“Girls Don’t Cry”の文字。これは世界的に注目を集める日本人グラフィックデザイナーのVERDY氏が手がけるレーベルWASTED YOUTHのもので、この夏の日米のストリートを席巻したアイテムだ。


さて、そんな彼のライブはフロアがパンパンになった2時30分頃にスタート。「新車が欲しい/新築の家が欲しい/外国人の可愛いビッチが欲しい/欲しいから手に入れるんだ」というフックの“I Want”で、欲望渦巻く街・六本木の人々を一気に加熱した。

来日する海外アーティストにありがちな、ラップは音源に任せて自らは場の盛り上げに徹するといったことをやらず、力強く自分のヴァースをスピットするMadeinTYO。そんな彼の姿勢に呼応するかのように、観客もフックを被せる場面が目立つ。


1曲目に続けてアルバム『Thank You, Mr. Tokyo』(2016年)から“Mr. Tokyo”、最新EP『True’s World』(2017年)から“Too Quick”といった具合に、手を休めずヒット曲を披露すると、バーカウンターでドリンクを注文するよう観客に促す。さすがMr. Tokyo、東京でのパーティーの仕方を心得ているようだ。観客がステージ上のMadeinTYOにスマートフォンのカメラを向ける一方で、彼もまた、ステージ上から観客と共にセルフィーを撮る一幕もあった。


そして、MadeinTYOが一躍その名を馳せることとなった人気シングル“Uber Everywhere”のパフォーマンスが始まると、会場のボルテージは最高潮に達する。Uberが必ずしも“everywhere”でないここ東京でも、人々は彼の声に応えて手を挙げ、飛び跳ね、リリックを合唱し、その瞬間を楽しんだ。最後に彼は集まってくれた全員にシャウトアウトを送ると、Big Seanとのシングル“Skateboard P”でステージを締めくくった。

「東京製」というステージネームのラッパーをゲストに迎えた一夜は、まさに東京製のパーティーがどの都市のパーティーにも引けを取らないものであることを印象づけるかたちとなった。オープンして間もない1 OAK TOKYOの歴史に、これから先どんな出来事が刻まれていくのか、ますます期待が高まる。そしてもちろん今後のKODEのスペシャルイベントにも期待していただきたい。

《MadeinTYO @1 OAK TOKYO セットリスト 》
1. I Want
2. Mr. Tokyo
3. Too Quick
4. Uber Everywhere
5. Skateboard P


TEXT: Sho Okuda
PHOTO: Seiya Uehara

SHARE

}