search search

シンガーソングライター大比良瑞希の集大成と展望


自分のゆずれないことを大切に 人を守れる音楽をつくりたい

SUMMER SONIC、りんご音楽祭などの大型フェスに出演しながら、今年はドラマ「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」の主題歌のフィーチャリングボーカルにも抜擢され、10月にはtofubeatsプロデュースの新曲「無重力」をリリース。多くのクリエイターを巻き込んだ活躍で注目を集めるシンガーソングライターの大比良瑞希が幅広い活動の到達点となるアルバムのリリースを控える。「自分の譲れないことを大切にしなければ、人を守ることもできないことに気づいた」と言う彼女に、その制作背景と内情について伺った。


―早速ですが、新アルバムが出来上がってきたと伺ったのですが、どんな仕上がりになりそうでしょうか。

バラエティに富んだラインナップです。この2〜3年の総まとめができた感覚があり、集大成のようなアルバムが出来上がりました。構成を大きく分けるなら、大比良瑞希バンドでレコーディングした楽曲、他アーティストさんとのコラボレーション、一人でのエレキギターの弾き語り、この3本立てですね。

―編成が多様ですね。

本来、アーティストとして早く認知してもらうためには同じような楽曲を出し続けることが大事な場合もある。でも私は様々な方向性やテイストで、その時できたものをアウトプットしたいタイプでした。シンガーソングライターとして活動を始めて5年の間、多くのトライの中で悩むことや鍛錬の時期もあった。このアルバムは、ある意味自分の長い準備期間だったというか、こうして振り返ってみると、一時到達点に来たような気がします。今やっとひと仕事を終え、次のステージに踏み出せそうです。


―最近では、蔦屋好位置さんが音楽監修するドラマ・電影少女の主題歌「からまる」やtofubeatsさんによる書き下ろし曲「無重力」とシンガーに専念された楽曲もありましたね。

シンガーを務めることは自分を俯瞰するいい機会でしたね。歌だけに集中することで、一歩引いた視点で楽曲について考えられたんです。製作においてはどうしても主観から離れるのが難しいものじゃないですか。感情に流されながら空想や実体験を書き綴っていますから。

―エレキギターがトレードマークの大比良さんが、マイクだけを持つのは新鮮です。

“シンガーソングライター”として鍛えられた時代があったからこそ、今、怖れることなく“シンガー”としても同時に楽しめていると感じます。この数年、尊敬する先輩方から、楽曲を世に出すために大事なことをたくさん吸収してきました。自分の感覚だけでは足らない部分に悔しい思いをした時もありましたが、製作力も聴く力も本当に鍛えていただいた。その経験があったからこそ、歌という表現に向き合う楽しさも噛み締められたし、メッセージ性をもって楽曲に憑依できると感じています。



ー代表曲「アロエの花」のリミックスも担当されたtofubeatsさんと、新曲「無重力」に取り組んだ理由は。

ちょうど「からまる」のリリースで手応えを得たタイミングで、歌で誰かとコラボレーションするプロジェクトも続けたいと考えていました。tofubeatsさんからは、私の歌い癖に言及してくださった上で「この曲はよりストレートに歌ったらどうか」とリクエストをいただきましたね。確かに、最近は自分の歌い方にバリエーションが出てきたタイミングでした。きっかけは昨年リリースした、フィッシュマンズさんの「いかれたbaby」のカバーで、“自分だから出せる味”を考え抜いたこと。その経験が生きて、「無重力」でもいろいろな歌い方にトライしてトラックを聴き比べながらレコーディングする作業がありました。



―七尾旅人さんとも、共演や共作が続いていますね。

旅人さんは、節目節目で勇気づけていただいてきた大先輩です。覚悟を決めてご相談してみると、そこからはトントン拍子。お忙しい方ですから急な打ち合わせに私が飛んでいくこともあって、ある時は待ち合わせた郊外の駅の交番前にギターを持った七尾さんが佇んでいらっしゃったことも…(笑) 今となっては思い出深いエピソードがいっぱいです。旅人さんとは大切に育てたいピースがまだいくつかありますので、今後も楽しみにしていただけたら嬉しいな。早速来年頭には、一つお披露目できるものがありそうです。



―大比良瑞希さんの躍進でチームが大きくなる中、バンドやレーベルのスタッフと意見はぶつかりませんか。

そんな時は自分がなぜやりたいのかを突き詰めるいい機会です。確かに、説得力を持って説明しなければいけないことは増えました。0から1を生むのは私の持ち場ですが、楽曲の根底を練る初期段階やパッケージにする最終段階ではチームでも意見が多く出るので難しい。言葉で説明するのが苦手で、上手く主張出来ない自分に疲弊したこともありましたよ。


―苦労があったんですね。チームでの議論から得るものはありますか。

ぶつかり合わないと進まない時もありますし、すべては糧になるもの。匙を投げそうになることもあったけれど、「自分の譲れないことを大切にしなければ、人を守ることも出来ない」と思いに至ったことで「Eternal My Room」という新曲が出来ました。

―いつも強度のあるポップスを作られますが、その新境地となる楽曲でしょうか。

そうなってほしい。「もう一度、裸の自分になろう」と考えて書きあげた一曲です。実はこの「Eternal My Room」、12/25(水)配信リリースとなりましたので、MV公開と合わせてお楽しみにして頂けたら幸いです。 大衆的な音楽だけを目指しているわけではないけれど、感情の居場所を与えられるのはキャッチーなメロディーラインだったりもします。できるだけ人を音楽で支えたい気持ちと、まだ生み出されてないものを作ることのバランスを大事に製作しています。



―楽曲製作のヒントにされているものはありますか。

アレンジの聞き比べも好きです。同じメロディでも音の隙間によって耳心地が全く変わりますよね。あとは、思春期によく聞いていた、いわゆるJ-POPの懐の広さに回帰する時もありますし、ドラマや映画のサントラのようにストーリーありきでの聞こえ方に注目してみる時もあります。コード感においても歌詞においても、消えてしまいそうなときめきや切なさ…そんな日常の残しておきたいものの出口になっているような音楽に、グサっときていますね。


―エレキギターの弾き語りをするシンガーは日本ではまだ珍しいですね。

ロンドンとかでは、路上ライブと言えば皆エレキの弾き語りでしたけれど、比べると日本ではあまりいないかもしれないですね。私も昔はアコギでの弾き語りも多かったですが、ここ5年でエレキギターの魅力により気づいてから、自然と自分のスタイルになってきました。さらにエレキギターと自分の声を大事にすることで、次のフェーズの答えが出るような気がしています。珍しいこと、マイノリティなことを怖がらず、私から少しでも間口が広がることがあったら嬉しい。さらに自分らしさを深めるという点では、ライブを重ねて脳が開く感覚をもっと得ていきたいし、コンスタントに人からの刺激を受け続けたい。音楽はもちろんですが、アートワークやイベントにMVと、人との出会いから新しい世界が開けると感じています。

―すでに「無重力」のMVでは独自の世界観が深まっているように見受けます。モデル・女優のモトーラ世理奈さんが登場し、バーニーズ ニューヨーク銀座本店15周年のスペシャルミュージック ビデオとして公開されていましたね。ジャケットのイラストも漫画家のコナリミサトさんと、多くのアーティストが携わっています。

皆さんの力でスペシャルなものが出来たことに感謝するばかり。好きなものを深めながら人に出会っていくことが大切だと再確認できるプロジェクトでした。2020年は、そんな風に知り合った方々一人一人と、より大切な仲間・友人として関係を築き、そこからまた新たな出会いを増やして音楽を突き進めたいです。シンパシーを感じる人たちと力を合わせることで、自分らしい世界観が深められる兆しを感じています。





大比良瑞希

シンガーソングライター/トラックメイカー。2015年、ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタートし、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、りんご音楽祭、音泉温楽、GREENROOM FESTIVALなど、大型フェスへの出演も多数。企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートなど多岐に渡って活躍しており、コーラスワークでは過去に、tofubeats、LUCKY TAPES、Alfred Beach Sandal×STUTS、Awesome City Clubの作品やライブに参加。2019年4月スタートのテレビ東京・木25ドラ「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」で、音楽を監修する蔦屋好位置氏のプロジェクト・KERENMI(ケレンミ)の目に留まり、主題歌のフィーチャリングボーカルに抜擢。2019年10月にtofubeatsが書き下ろし&完全プロデュースの「無重力」をリリース。エレキギターを片手に個性的な歌声でポップチューンを提示し続け、高感度な音楽ファンから多くのアーティストまで魅了。

*Release Schedule
2019.12.25 (水)「Eternal My Room」配信リリース
2020年 初旬 待望のフルアルバム全国リリース

Instagram: @mizuki_ohira
Officialwebsite : https://ohiramizuki.com/

Produce: Kenta Suzuki
Text: Takako Nagai [CATALDESIGN]
Photography: Koichiro Iwamoto

SHARE