search search

高岩遼がオススメするジャズ喫茶3選

ジャズを愛し、ジャズに愛された平成生まれの日本男児、高岩遼がオススメするジャズ喫茶3選。知る人ぞ知る、シブい名店と若者の街にある隠れ家的な店、そしていつか高岩自身がオーナーを務める「未来のアジト」が並んだ。

1. 朝霞台 停車場
埼玉県朝霞台にあるジャズ&ライブバー。営業日は毎日ライブが行われ、500円のチャージとミュージシャンに向けてのチップ制で楽しめる。第2土曜日はJam SessionやVocal Sessionが実施されており、さまざまなミュージシャンが集う。チャージ代も学割があるので、ジャズバー初心者にもうってつけの店だ。

「上京して初ライブを観に行ったのがこの場所だったね、先輩に連れられてさ。大学のダチ公みんなで溜まってセッションしたり技を磨いてね。ママのジャズボーカルも素敵なんだよ。ご飯も最高。」


2. 原宿 LIVE NOTE CAFE
毎週セッションやライブデーを開催しているほか、ライブハウス並の音響・照明システムを完備した空間で大画面でのライブカラオケが楽しめる。貸し出し用の楽器も充実しており、パーティーにぴったりのライブカフェ。セッションなどのスケジュールはFacebookをチェック。

「原宿通りまっすぐ行ってみて。BEAMS-Tの目の前に青いネオンのカラオケバーがある。店に入ると若かりしシナトラのポスターと対面するだろうね。ジャズ×2していない内装もまた入りやすい。素敵な出会いもあるでしょう。」


3. SWINGERZ
高岩がオーナーを務める「未来のアジト」。構想は彼の頭の中。オープンが待たれる。

「未だオープンしてないよ。そう遠くない未来お楽しみにだぜヨロシク。」


TEXT:Shoichi Miyake、Aiko Iijima
PHOTO:Wataru Suzuki

Ryo Takaiwa

SHARE

}