search search

YOUR ROMANCE・inuiが選ぶ、もっと夜が好きになる映画3本

映画館で働いていたこともあるという、バンドシーンきっての映画好きYOUR ROMANCEのボーカルギターinui。

こちらの記事で「深夜は無秩序な感じがする」と語っていた彼に、夜がもっと好きになる、夜が舞台の映画を選んでもらった。inuiのコメントをゆったりと読みながら、今夜の夜更かしのおともにいかがだろう?


『ナイト・オン・ザ・プラネット』 / ジム・ジャームッシュ(1992年)

様々な都市の様々な夜をタクシーという異空間で繋ぐオムニバス形式の映画。この素敵だったりしょうもなかったりする物語たちの一部になりたくて酔った僕は今宵もタクシーを停める。財布と相談もせずに……。

『ミッドナイト・イン・パリ』 / ウディ・アレン(2011年)

まるで全ての人のDNAに刻まれているかのようにないものねだりに終わりはない。だけど1920年代深夜のパリは芸術を志すものには隣の芝生どころじゃあないとは思う。明日の夜はどこかの社交場へ出かけてみようか。あの頃のパリよりも良い夜を作れるかは自分次第ですしね先生。

『はなしかわって』 / ハル・ハートリー(2011年)

最後は朝が来るのが嫌にならないために、敢えて深夜に見ることで明日の活力となるであろうNYの爽やかな風と太陽を感じる作品を。きっと明日はいつもより人を思いやれて、いつもと同じ疲れもすこし心地良いはず。この現代社会を生きていくのって意外と悪くないかもと思わせてくれる厚かましくない人生賛歌。


PHOTO: Shun Aihara

SHARE

}