search search

[全2回] glo interview Lui Araki vol.1「写真家とスケートボードの2面性にフォーカス」

ストリートでスポットを探して表現する点は写真もスケートも同じ


近年、一つの肩書きに捉われず、自身の好奇心の赴くままに様々な表現方法で活躍するスラッシャーと呼ばれるクリエイターたちが、話題を集めている。写真家でありスケーターの荒木塁もその一人だ。90年代を代表するNYのスケートチーム、ZOOYORKに所属していたこともあり、スケーターとしては国内外で活動し、写真家としても多忙な日々を過ごしてる。そんな彼がリラックスできる瞬間とは。チルタイムについて教えてもらった。


この記事はKODE会員限定の記事です。
ログイン / 新規登録をしてください。

SHARE