search search

NYを知り尽くす、あの人の推薦するローカルショップ Style編

誰しもが一度は憧れを抱いたことがあるであろう魅惑の街、ニューヨーク。かつてその地に吸い寄せられるようにして足を踏み入れ、長年住んでいたり、今なお定期的に足を運んでいたりと、ニューヨークというカルチャーのメルティングポットに深い所縁を持つ3人のクリエイターたち。今回、彼らが特に思い入れの強いショップをそれぞれのカテゴリーに沿ってピックアップしてもらった。ここではガイドブックには決して載っていないローカルなスポットをクルーズ形式でご紹介していく。


the Apartment / the Apartment Soho オーナー 大橋高歩
東京都板橋区出身。学生時代にHIPHOPと出会い、同時にニューヨークのカルトカルチャーに傾倒。以来2009年頃からニューヨークへの買い付けをスタートし、同時に現在ではファッション業界人やフリーク、著名なアーティストなどがこぞって通う、ファッションとカルチャーが密接にリンクしたセレクトショップを吉祥寺にオープンさせる。旬なインポートアイテムやニューヨークの「LO LIFE」、「VGA」などのコレクタークルーとも独自のコネクションを持ち、今の時代感にあったアイテムを数多く扱う。特に'90sのヴィンテージアイテムを現代的なミックス感覚で提案するなど、唯一無二なショップとして知られる。



01
『SCRAP YARD』



「ニューヨークのハードウェアストア(金物屋)に行くと、KRYLONやRUST OLEUMの缶がラック防止の為に鍵付きのショーケースやワイヤーラックに入れられて販売されています。いかにもグラフィティーの本場ニューヨークらしくて好きな光景なんですが、SCRAP YARDはそんなグラフィティカルチャーを昔から発信し続けている専門店。缶やエッグシェルステッカーなどはもちろん、洋服等もあって、好きな方は是非一度は足を運んでみて欲しいですね」。

住所:300 W Broadway, New York
電話番号:+1 212-343-2557
営業時間:10:00〜21:00(月〜土曜)、10:00〜20:00(日曜)
定休日:不定休


02
『Popular Jewelry』


「ニューヨークの街には至る所にジュエリーショップがあります。Queensのモールなどに行くと地下一階がズラーっとジュエリーショップになっていて、見ているだけでも面白いです。そんなジュエリーショップの中でも数多くのラッパーが足を運ぶのがキャナルストリートにあるPopular Jewelry。外壁や店内にはTravis Scott、A$AP Mob、Pro Eraなど店を訪れた人気アーティスト達の写真が沢山飾られています」。

住所:255 Canal St, Unit B, New York
電話番号:+ 1 212-941-7942
営業時間:9:30〜18:30
定休日:不定休


03
『Unique Style』



「ブルックリンのLラインの終点、ロッカウェイパークウェイにあるUnique StyleはブルックリンのLo Lifeの面々も良く足を運ぶ店。土地柄か店主のアンディーのセンスなのかPOLO以外のアイテムのセレクトはとにかくイナたいですが(笑)、ヴィンテージ、現行ともにコンスタントに入荷するPOLOを目当てに近年は世界中からLOヘッズが足を運ぶようになりました。DIVA JONEZ / POLO RALPH LAUREN ANTHEMのビデオで店内の雰囲気が見られるので是非」。

住所:9611 Glenwood Rd, Brooklyn, New York
電話番号:+ 1 347-787-8762
営業時間:11:00〜20:00(月〜土曜)、12:00〜18:30(日曜)
定休日:不定休
URL:uniquestylebk.com


大橋さん行きつけの『Unique Style』オリジナルTシャツをプレゼント!
 
大橋さんを始め多くのヴィンテージフリークたちが足を運ぶ名店から、特に人気の高いオリンピックモデルのデッドストックを一名の方にプレゼント。オーナーであるアンディーが『KODE』のためにストックルームから特別に卸してくれた、ファン垂涎の名品。お見逃しなく。

今すぐ「KODE」メンバーに登録してプレゼントをゲットしよう!


SHARE

}