search search

スニーカーヘッズが待ち望んだ最良の一日

日本を代表するキックスストア「atmos」が仕掛けるスニーカーヘッズたちの祭典、「atmos con」。そのVol.5が渋谷ヒカリエの9階にある「Hikarie Hall」にて行われた。お目当てのスニーカーやアイテムをゲットすべく、長蛇の列を作った来場客の期待感にあふれた顔を見ると、このイベントが開催される意義を感じずにはいられなかった。今回は、「KODE」もブースを出展した「atmos con Vol.5」の模様をお届けする。


KODEブースの目玉として、グラフィックアーティストのFACEがワークショップに登場。ホームページにてatmos×PRO-KEDS×KODE×FACEによるコラボスニーカーのプレゼントをKODEメンバー限定のキャンペーンの中で行っていたが、その当選者が来場し、共にスニーカーのカスタマイズを楽しんだ。スニーカーへ直に絵を描く、ということが初めての人も多く、みんな興味津々。最初は戸惑いながらも、FACEのアドバイスを受けながら描き進めていくことによって、自分らしい作品へと仕上がっていく。その出来の満足度がみんなの笑顔から伝わってきた。

シューレースも様々なカラーのものが用意されており、全体のバランスなどを考えて自由にカスタムしていく。FACEも参加者に的確なアドバイスをしつつ、共に楽しみ、また新たな発見に気付きながら、自身の制作を進めていく。みんなで和気藹々と会話を満喫しながら、充実したひとときを過ごしていた。



そしてFACEはこの日のためだけの一足を作り上げるべく、スニーカーをキャンバスに作品を描き込んでいく。一度制作スイッチが入ると、その眼差しは真剣そのもので、鬼気迫る集中力に圧倒される。


様々なカラーのマジックペンを自在に操り、丹念に描いていく。すでに全体のイメージが頭の中にあるようで、そのペン運びに迷いはない。

異国情緒を感じさせてくれる絵柄と独特な色彩感覚を融合し、ポップなヴィジュアルへとカスタマイズされていく。


その一方、会場ではトークショーやライブも開催。Type ColdやBeat Buddy Boi、HAN-KUNなどのアーティストが登場し、熱のこもったパフォーマンスを披露。大盛況の会場をさらに盛り上げていた。


過去最高の集客となり、大成功に終わった「atmos con Vol.5」。スニーカーカルチャーの面白さ、楽しさを世の中に伝えるために、次回の開催も大いに期待したい。

今回、「atmos con Vol.5」でFACEがカスタマイズしたatmos×PRO-KEDS×KODE×FACEコラボスニーカーを1名様にプレゼント。まさに世界にひとつだけの至宝、もしゲットできたなら、世界中のスニーカーヘッズに自慢したい一足となるだろう。

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。





SHARE

}