惚れ込んだ生地からはじまる BasShuのものづくり

生地の産地や品質をとことん追求し、メイドインジャパンの製品にこだわるインテリア・ファブリックブランド、BasShu。日常で使うアイテムだからこそ、作り手の表情が見える確かな製品を世に届けたい。そんなぬくもりあふれる想いで、作り手と使用者の間を直に結ぶブランドなのだ。今回、ディレクターの市川健太郎さんとデザインを手掛ける井本愛さんに、ヒストリーやコンセプト、こだわりの製品について語ってもらった。


―BasShuはどういった経緯で立ち上げたブランドなのですか?
 
市川「僕は大阪でインテリア・ファブリックの仕事をしていたんですけど、事務所の近くがアメリカ村でよく通っていたんです。ある日、すごく気になるシャンブレーシャツを見つけて、形どうこうよりも生地の風合いに惹かれたんですね。それから着用していくうちに、風合いや色の奥ゆき、生地の質感にどんどん愛着が増していきました。だから、この生地を使ってカタチにしたものを発信して、その素晴らしさを共感したいと思ったんです。」


―その想いがどのようにブランドへ発展していったのでしょうか? 

市川「それで、買ったシャツを作っている会社に連絡して、使用している生地を買えるところを訊いたんです。兵庫県西脇市の播州織の生地だと教えてもらい、リサーチしていく中で、ズバリのものを探し当てたんですよ。その生地を使い、第一号の製品としてエプロンを作りました。それがこのブランドの始まりですね。」


―BasShuにはどんなコンセプトがあるんですか?

市川「BasShuというブランド名は、播州織をもじって付けました。立ち上げ当時と現在ではコンセプトが微妙に変化していて、最初は播州織の魅力をいかにユーザーと共感できるか、というところから始まりました。洗いざらしのサラっとした感じや、使っていくほどに良い味が出ることをわかってほしくて、全ての製品に洗い加工を施したんです。」

井本「生地の魅力を一番いい状態で共感してほしい、というのが当初のコンセプトだったので。」


―現在はどのようなコンセプトに変化したのでしょうか? 

井本「ブランドが続いていく中で播州織以外の生地も扱うようになり、家の中のファブリックを提案する、というアイテムの広がりが出てきたんです。例えばクッションカバーにキャンバス地やデニム地を使うとなると、やっぱり岡山県のものでという選択肢が出てきたんです。でも、使い込んだような風合いの加工や産地に徹底的にこだわるといった軸は変わりません。それがカッコイイと思っているので。」

市川「商品を買って帰り、家の中にポンと置いても、ずっと前からあるようなもの、というのをすごく意識していますね。」


―使用する生地はどのように決定していくんですか?

市川「普通のアパレルは型があって、それにどの生地を使うか、という決め方をしますけど、僕らはまったく逆の考え方なんですよ。まずその生地自体に魅力がないと動かない。そして自分たちが魅力を感じる生地を最大限に活かせるアイテムはなんだろう、と考えを巡らせます。」

―だからこそ幅広いカテゴリーからオリジナリティあふれるものを作り続けていられるんですね。

市川「例えば東京にはたくさんのお店があって、自然と流行のファッションなどが目に入ってきますよね?でもどこも元ネタがあって真似ているわけで。それに影響されて仕事をすると、結局真似の真似をすることになっちゃう。だからそうならないように、僕らなりのオリジナルを探しに海外へリサーチに行くんです。」


―特にインスピレーションを受ける国や場所は?

市川「アメリカですね。文化の違いもすごく面白くて興味深いし、それだけで価値があると思うんです。」

井本「アメリカの古いものはかなり見ています。マーケットを周るんですけど、その中で風合いのよい昔の生地の端切れを見つけてきて、播州織の工場で再現してもらおうとか、日本で作るやり方ありきで考えています。ネタとしては20年分くらいストックがありますけど、そのインスピレーションを受けたものを、ものづくりにどう繋げていくか、どういう形で出していくか、ということは常に考えていますね。」


―なるほど。そして今回、KODEのためにウォールポケット、ランドリーバッグ、キャビネットの3点セットを提供してもらいました。まずはウォールポケットの特徴から教えてください。

市川「ショップのディスプレイでも壁の使い方って、わりとポイントだと思うんです。安物のポスターを貼ってごまかしてもお客さんは共感してくれない。壁をいかに使うかを考えたときに生まれたのがウォールポケットでした。」

井本「BasShuの定番アイテムで、これはダック地を使っています。」

市川「しかも縫製したあとにゴルフボールと一緒にドラム式乾燥機の中に入れて、ガーッと洗い加工を施しています。近くで見ないとその違いは分からないけど、そこは妥協しない、というのがすごく大事なんですよ。」


―ランドリーバックにはどんな生地を使っているんですか? 

井本「帆布を使っています。分厚い生地って、ただ縫っただけだと味気ないじゃないですか?ミリタリーの昔のダッフルバッグとかは、経年変化しているからカッコイイわけで。このアイテムも縫製したあとにガシガシ洗い加工を施しています。そうすることで縫製部分のアタリとか、使い込んでいるような風合いが出るんです。」

市川「要はユーズド加工ですよね。そうすることによって、部屋に置いたときの存在感が全然変わってくるんです。」


―キャビネットも雰囲気抜群の作りですね。

井本「キャビネットカバーにはリップストップというミリタリー生地を使用しています。フランス軍が宿営地用に使うホールディングキャビネットが元ネタなんですよ。たまに古着屋やセレクトショップのディスプレイに使われていたりするんですけど、本物はかなり台数が少なくなっているみたいで。それで市川さんと試行錯誤を繰り返して完成したんです。もちろん今の生活スタイルに合わせて、サイズや組み立てやすさを考えて作っています。」


―この三点セットが部屋にあったら、かなりいい雰囲気に仕上がりますね。

市川「まずは生地とその風合いの魅力に共感してもらいたいんです。例えば僕らの理想の風合いを出すために、15分かけて洗うのか、20分かけて洗うのか、加工にはそこまでこだわっています。結局一番表現したいのは、なんというか“存在感のない存在感”なんですよね。部屋の中で違和感がまったくないもの、というか。そういうアイテムであってほしいですね。」

井本「ヴィンテージウエアの風合いにも繋がっている部分があるから、ファッションが好きな人にも興味を持ってもらえると思うんです。あと、都内の賃貸だと全然収納がなかったりするので、そういう部屋に住んでいる人の助けになればいいですね。日常生活をちょっとでも豊かに感じてもらえば嬉しいです。」


―そして今後、BasShuとしてどのようなことに挑戦していきたいですか?
 
市川「根幹である生地の魅力を伝えること、それは変わらないです。例えば気に入った生地でブランケットを作るとなったら、実際に生産者のところへ古いブランケットを持って行って、この風合いを再現したいと伝えるんです。もう5分洗ってくれ、もう少し濃くしてくれとか、納得いくまで何度もお願いすることもあります。でもおかしなもので、面倒くさいことを頼めば頼むほど、職人さんは喜んでくれるんです。そういった本物の作り手の姿や物語が見えるような、そしてどこで誰が作っているのかを自信を持ってきちんと説明できるものをリリースしていくということを心掛けていきたいですね。」


今回、KODEメンバー限定で、BasShu のウォールポケット、ランドリーバッグ、キャビネットの3点セットを5名様にプレゼント。どれもこだわりの生地を使用し、抜群の風合いを表現したアイテムが揃っている。

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。



本キャンペーンは終了しました。




市川健太郎 BasShuディレクター
生地メーカーや商社を経て、㈱ノームの設立に参画。播州織の魅力に惹きつけられてインテリア・ファブリックブランド、BasShuを立ち上げる。

井本愛 BasShuデザイナー
デニムブランドFULLCOUNTのプレスを経て渡英。ロンドンでの暮らしを通しインテリア・テキスタイルの魅力にみせられ、2013年の帰国後、BasShuにデザイナーとして入社。

BasShu
https://basshu.jp/

SHARE