search search

BIMのサングラス・コレクション

THE OTOGIBANASHI’S/CREATIVE DRUG STOREのBIMのトレードマークと言えばサングラス。よくよく彼のサングラスを見ると、同じような形に見えるが微妙に毎回違うサングラスを掛けているようだ。その並々ならぬサングラスへの情熱をBIMがKODEに語ってくれた。

CREATIVE DRUG STOREのオフィス兼自宅でのインタビュー中に、偶然サングラスの話になるとBIMは「サングラスたくさんありますよ、見ますか?」と部屋に戻り、大きな箱を2箱両手に抱えて帰ってきた。まさかその中にサングラスがぎっしりはいっているとも思わなかったので、BIMがその謎の箱の蓋を開けたとき、思わず驚いてしまった。

同じような箱がまだたくさんあるそう

BIMは最近のお気に入りのサングラスを見せてくれながら、レンズの色違いのサングラスを見せてくれた。同じようにレンズの色違い、フレームの色違いなど、似たようなサングラスをたくさん所持しているのだが、なかなか素人にはすべて同じようなサングラスに見えてしまう。

普段BIMは、サングラスを買うのは本当に地元のおじいちゃんが老眼鏡を買うような店、上野、池袋の謎のめがね屋さん、そして雑貨量販店で購入しているようだ。また、旅行先の韓国でも、「値段の決まっていないめがね屋」でスポーツブランドMIZUNOのサングラスを500円ほどでゲットしたりしているようだ。

 

BIMさん(@bim_otg)がシェアした投稿 -


「全部掛けたことがあるのか?」と聞いてみたが「全部はかけたことないです」と、正直に答えてくれたBIMがサングラスを掛け始めたきっかけは、20歳になっても「コンビニで年齢確認を毎回されるのがいやだったから」という単純な理由だった。

そこからサングラスを掛け始めて、自分に似合うのは横長のサングラスと気付いて以来、横長のサングラスを集めるようになった。しかし、なぜ横長の形が気に入ったのだろうか?


BIMが横長フレームにこだわるようになったのは、どうもそのフレームのフォルムがヒップホップの伝説的グループを多く輩出したと言われる「さんぴん世代」のイメージが強かったからだと語る。「カッコイイなと思っていた先輩の皆さんが、横長のフレームのサングラス掛けていたのが印象に残っているからかな」と、自分が横長フレームにこだわる理由に思い巡らせた。「”大脱出”で掛けているサングラスも、YOU THE ROCK☆さんが掛けていたサングラスに似てるんですよね」。

THE OTOGIBANASHI'S - "大脱出"

また、ビースティ・ボーイズのMCアドロックが、日本のストリートカルチャー雑誌『WARP』の日本第一号の表紙を飾った時に掛けていたサングラスと同じものをBIMは持っている。ヒップホップ黄金期とも言われる90年代、その当時の雰囲気を感じさせるサングラスに行き着いた訳は、先人たちへのリスペクトから来ているようだ。


とは言っても掛けきれないほどのサングラスを所持しているBIMに「処分したり、あげたりしないのか?」と聞くとBIMは「またこの2軍のコレクションが1軍になる時がいつか来るんですよ」と、にやりと笑った。まだまだBIMのサングラスコレクションは増えていきそうだ。

THE OTOGIBANASHI'S

SHARE

}