search search

ダースレイダーがカスタムするティンバーランド


カルチャーと結びつきの深い一足を自分好みにアレンジ


アディダスのスーパースターやフレッドペリーのM12のように、時代を象徴するアーティストに愛されたことで、ヒップホップやロックなどと強く結びつき「スタイル」として定着したアイテムがある。そして90年代のヒップホップシーンを語る上で、ティンバーランドは外すことができないだろう。今なおストリートで支持されるスタンダードな一足は、好みのカラーや素材を選んで自分だけの一足へとカスタムできることをご存知だろうか。今回はラッパー・MCとして活躍し、ティンバーランドの愛用者でもあるダースレイダーにカスタムサービスを体験していただいた。当時のカルチャーをよく知るダースレイダーならではの解説と共にお届け。


—ティンバーランドという靴にはどのような印象をお持ちですか。

90年代のニューヨークにおける、ヒップホップのアイコン的な一足ですよね。ビースティ・ボーイズやノトーリアス・B.I.G.のような、錚々たる方々が履いていて。僕はウータン・クランっていうヒップホップグループがすごく好きなんですけど、彼等はオリジナルでティンバーのブーツを製作していたり。


—以前からティンバーランドは履いていましたか?

今日履いているのも、実はドイツ限定モデルのティンバーです。6inchブーツはよく履いていましたね。90年代に日本でラップするならマストアイテム。「こういう格好すれば本物っぽくなるんじゃないか?」っていう浅はかな考えで、カモフラのダボっとしたアウターに、足元はティンバーのブーツみたいな。ニューヨークのストリートを真似して、形から入った人は多かったと思いますよ。履きつぶしても味が出て、マイティンバーみたいな雰囲気になるのもいいですよね。


—お話を聞いていて、時代の空気感をビビットに感じます。

本当にカルチャーとセットになっている靴だと思います。ライムスターの宇多丸さんが「ブーツはティンバラン」っていうラインをラップしていたりするし。ラッパーもあえて名前を出しちゃうような。


—90年代のストリート・ファッションを語る上では、外すことのできない一足ですよね。

そうですね、90年代ってカルチャーとファッションがセットになっていました。例えばヘビメタ好きならこういう格好、グランジ好きはこういう格好をしているって具合に。自分が聞いている音楽がファッションとリンクしていて、それをアピールしながら歩いていた。そんな中でティンバーは、「俺はヒップホップだぜ」っていうメッセージを発信する道具になっていたと思うんです。今は服装とカルチャーがセットじゃなくなって、ファッションが独立したものになっている。ロックTシャツを着ていて、そのバンドのことを知らずに着ても許されるじゃないですか。僕の世代では、Tシャツを身に纏うという行為は、そのカルチャーについてある程度語れなければいけないというプレッシャーが伴っていました。「それ着ているってことは、何枚目が好きなの?あのシングルは持ってるの?」からスタートする。今ってそういう感じでもないからこそ、ティンバーだってスタイルを問わずにガンガン履けますよね。



—今回カスタムしていただくティンバーランドですが、どんなイメージで作っていただけるのでしょうか。

お義母さんに「あなたは緑がラッキーカラーだよ」って言われたので緑をベースカラーにしつつ、ちょっとぶっ飛んだ感じで作りたいですね。さっきの話の延長で、スタイルとファッションがイコールだった時代に、僕はいわゆるB-BOYファッション「ラッパーはこうあるべき」的な格好をしなくなるんです。なぜならみんな同じ格好をしていたから。でも僕はヒップホップって、「人と違うこと」がスタイルとして受け入れられる文化だと思っているんで。少し話がずれちゃいましたが、今回作るティンバーも一味違う感じになるかもしれないです(笑)。




カスタマイズしたティンバーランドは約1ヶ月半後に自宅へと到着。早速その感想を伺った。




おぉっ。ついにできましたか……。



—実際に出来上がってみていかがですか??

カスタムサービスって嬉しいですよね。一般に売っているものって、どんなにレアであっても売っている以上は誰かと被っちゃうじゃないですか。基本的に被ることのない、自分だけの一足が作れるのってとてもいいなと思います。そして同時にカスタマイズして感じるのが、ベーシックラインの確かさ。あぁこのデザインは考えられているなと気づかされますよね。


—インソールの部分、「Designed by OGK」の「OGK」とはどういう意味なんですか。

「片目のダースのオジキ」と自分で言っていて、その「オジキ」=「OGK」です。実は「OGK」という名前の眼帯のブランドもやっています。世界にまだ一つしかない眼帯のブランド。5年前に脳梗塞で倒れて、その合併症で左目が見えなくなっちゃったんです。それで眼帯を探したんだけれどパーティーグッズみたいなものしかなくて。服を作っている友達に相談したら、「自分で作ればいいじゃん」となり。そこからブランドがスタートしました。片方の目が見えづらくなって悲しくなったとしても、眼帯が気持ちをリフトアップする助けになれば。将来的には眼科とかに行って、カラフルな眼帯が置いてあって選ぶことができたら嬉しいですよね。このあたりや僕が脳梗塞で倒れてからのお話は、今年の4月に出した『NO拘束』という本に詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみてください。


—実際に履いてみた感じはいかがでしょうか。

個人的にティンバーと言えば6inchブーツのイメージだったけど、こういう大人っぽいモデルもいいですね。本当に履き心地もすごいいいですし。ジャケットスタイル、サマースーツとかにもハマるはずです!


ダースレイダー
1977年フランス・パリ生まれ。ロンドン育ち。ラッパー・MC。吉田正樹事務所所属。東京大学に入学するも、浪人時代に目覚めたラップ活動に傾倒し中退。2000年にMICADELICのメンバーとして本格デビューし、自身のレーベル運営やMCバトルの大会主催など精力的に活動。2010年6月、イベントのMC中に脳梗塞で倒れ、その後合併症により左目を失明。余命5年を宣告される。現在は自らのバンド「THE BASSONS」で活動の他、司会業や執筆業など様々な分野で活躍。

Instagram: @darthreider
https://www.timberland.co.jp/customize/index/
(※納期目安はオーダーから6〜8週間。海外生産のため前後する可能性もあり)



Text: Shunpei Narita
Photo: Eisuke Asaoka

ダースレイダーがカスタムしたTimberlandを、KODEメンバー限定でプレゼント。華やかな一足でストリートを駆け抜けてほしい!


応募期間:2019年6月10日(月) 11:00 ~ 2019年8月15日(木) 9:59

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。





本キャンペーンは終了しました。


SHARE