search search

京都の街で古着がかっこよく生まれ変わるKUROFINE


伝統ある着物の黒染めを衣服にも

近頃、アップサイクルという言葉をよく耳にすることがないだろうか。使わなくなったモノに手を加え、元々の製品よりも価値のあるものを生産することを目的とされた取り組みで、近年ますます注目度が上がっている。このアップサイクルに積極的に取り組んでいるのが、創業から100年以上の歴史を持つ「京都紋付」だ。古くから、着物を黒色に染め上げてきたこの会社が立ち上げたKUROFINEは、汚れなどで着られなくなってしまった衣服を着物と同じように黒染めすることで、もう一度かっこよく着ることのできるという画期的なブランド。今回は京都紋付の荒川優真さんにその魅力を伺った。


―KUROFINEのコンセプトを教えてください。

KUROFINEは一旦世に出た商品を、黒染めすることによって、新たな付加価値を与えてアップサイクルするブランドになっています。


―どんな方法で衣服が黒染めされているのですか。

京都紋付では、京黒紋付染という伝統工芸の技術を使用して衣服を黒く染めています。元々は着物を染める技術だったのですが、洋服でも同じように黒染めをしてほしいというお客さまの声があり、そこから衣服の黒染めが始まりました。


―どのような工程を経て黒くなっていくのでしょうか。

はじめに、衣服を機械に入れて回します。その後、黒の染料も一緒に機械へ入れ、染めの作業に入ります。最初に入れた助剤が染料と化学反応を起こして繊維と染料がくっつくことで、染まりやすくなるんです。そして、脱水機にかけ、一旦天日干ししたのちに薬品に浸けます。その後、再度天日乾燥し完成です。


―染めのこだわりについて教えてください。

先ほど説明したように黒染めした後、人の手で薬品に浸けてコーティングする工程は京都紋付でしかできない作業です。普通に染めただけだと光に反射して明るい黒に見えてしまうのですが、薬品でコーティングをすることによって、光を吸収するようにして生地をより黒く見せることができます。


―優真さんの思う、 KUROFINEの魅力を教えてください。

KUROFINEは天然繊維しか染まらない染め方なので、衣類によっていろんな表情の仕上がりになるのがすごく面白いと思っています。例えば、黒染めしてもボーダーの濃淡が薄く残ったり、化学繊維が多めに含まれているとグレーになったりします。普通の服ではあまり見ないような色になったりするのが魅力ですね。


―お客さんの反応はいかがですか。

自分の気に入っていた洋服が漂白剤などで色が落ちてしまったり、焼けてしまったりなど、捨てるしかなかった衣類を染付のご依頼でいただくことが多いです。染め上がって納品した後に「こんな表情になるとは思わなかった!」という喜びの言葉をいただいたときは嬉しいですね。



―実際にここで染めている人たちも予想できない仕上がりになるんでしょうか。

いくつも衣類がある中で、同じものはありません。中古衣類を扱っているので、お客さんの着用状況によってダメージを受けている部分もあれば、染め上がりの表情も違ってきます。


―衣服以外にも小物とか鞄なども染められるんですね。

そうですね。ソファカバーなどもご依頼いただきます。自分自身でも、タオルが汚れてきたらそれを黒く染めたりします。


―基本的に、黒染めの受付は配送でされているのでしょうか。

そうですね。配送を中心に受け付けてますが、京都の2nd STREETの四条河原町店のみ店頭受付、その他の全店舗では申込書の配布(一部店舗除く)を行なっています。いずれ古着屋だけにとどまらずクリーニング店など、取り扱い店舗も増やしていければと思っています。


―KUROFINEを取り組んでいてよかったなと思うことはありましたか。

現在、古着を扱っていますが、お客さんが大事にしていた衣類を黒染めすることで、処分せずに1着を長く着てもらえるというところに社会に貢献できているなと感じます。


―今後取り組んでいきたいことはありますか。

最初に説明したように、KUROFINEのコンセプトが、一度世に出て使用されたものも黒染めすることによって、付加価値を与えてもう一度利用される機会を増やすというものなので。衣類にとどまらず、黒染することによりかっこよくなるものを探していきたいです。また、いろんな企業とコラボして、様々なアイテムを作っていきたいと思っています。




KODEメンバー限定で100名様にKUROFINE 染め替え体験に使える5,000円分のチケットをプレゼント。


応募期間:2019年3月1日(金) 11:00 ~ 2019年4月16日(火) 9:59

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


本キャンペーンは終了しました。


SHARE