search search

N.HOOLYWOOD18/19FWメンズコレクションフォトレポート!

昨年、New York Fashion Weekにてファッション業界の話題を席巻したスタイルを提示した尾花大輔率いるN.HOOLYWOOD。KODEのコラボレーターとして読者にもおなじみのN.HOOLYWOODが、2月上旬に開催されたNY Fashion Weekに再び登場した。

彼のコレクションは一貫して、彼のバックグラウンドとなっているアメリカンカルチャーを洗練し、尾花流にアレンジされ、具現化されてきた。ずばり今回のN.HOOLYWOODのテーマは「ワークスタイル」。だが、尾花大輔の手にかかれば、よくある「ワークスタイルを取り入れ、洗練させたカジュアルウェア」というありきたりなものではなくなる。提示されたスタイルは工事現場で働いている人が着用しているウェアそのもの。尾花大輔流のリアリズムの追求はオマージュを越えていく。


N.HOOLYWOODチームはコレクション発表会場に工事現場で使用されるテーブルリフトを数機持ち込んだ。その合間をオーバーサイズの新作を着るモデルたちが闊歩する。リアルな労働者たちが現場で着用していそうなオーバーサイズのオレンジのワイドパンツ、パーカー、デニムジャケット、オーバーオールなどなど...。ランウェイを工事現場に変化させたと言うより、工事現場をランウェイに変えてしまった、と表現するほうが正しいと言えるようなプレゼンテーションだった。

数々の新着アイテムが発表される中、やはり注目は工事現場で使用されるTimberlandのライン「Timberland Pro」とのコラボレーション、そしてアメリカのワークの代名詞ともなっているLEEなどのリアルなワーカー御用達アイテムと真正面からのコラボレーション。また、CONVERSEのオーセンティックなライン「CONVERSE ADDICT」のコラボレーションも展開。さらにコレクションにオーセンティシティに加えて仕上げた。

薄暗い倉庫の中、無数のテーブルリフト、インダストリアルな響きのHIPHOPのトラックが流れる中をオレンジのオーバーオール、ワイドパンツ、ヒッコリーを着用したモデルが登場するN.HOOLYWOOD Fall/Winter 2018のプレゼンテーションはムービーと画像で公開されている。


このランウェーコレクションにKODEメンバーを特別に招待。普段は見ることが出来ないバックステージの様子や、尾花大輔との記念撮影など、参加者も大いに楽しんだようだ。


また、現在もN.HOOLYWOODとKODEのコラボアイテムを読者にプレゼント中。
今すぐメンバー登録して応募しよう!


SHARE

}