search search

誰にも視覚化されない誰にも言語化されない世界を。

宮澤賢治の詩「白い鳥」。妹が死んだ喪失感から抜け出せないまま書いた「白い鳥」では、死んでしまった妹が白鳥になって飛んでいると描写されている。「兄(宮澤賢治)が来たからと、あんなに哀しく啼いている白鳥(妹)。」日本人が本来持っている心象風景と、大きな喪失感を美しい言葉で描写したこの作品からインスピレーションを受けて、現代を生きる表現者が映像化する。

---------------------------------------------

私は今、宮澤賢治の『言葉』の海に溺れています。彼の言葉には、見えない景色が有り、音があり、意味があり、湿度がある。

近頃の言葉には色気がない。私にはどうも直接過ぎて、たまごの殻のように薄くて繊細に感じてしまう。ふとつけたテレビに、落語番組が流れている。演者は口パクで言葉に合わせて演技をしている。それを見た瞬間、言葉にならず理解不能な感情が押し寄せてくる。落語の意味をご存じですか? とTVに向かって解きたくなる。

SNSでは、すべての物事に、視覚的なおしゃれ感を要求される。世界で起きる奇跡を、科学技術の力ですべて言語化して鼻高々なおじさんもいる。だったら、時には、あなたたちが行う無意識的な失礼な行動にも、目を向けて問い正して欲しいと願うこともある。誰かが人生を賭けて導きだした答えを、あたかも自分が考えたかのように、声高々に自慢する人。あなたの空気からわかります。他人の受け売りだってこと。


わたしは、もううんざりだ。

何も知らなくて良い。ただただ感じたい。

これほど『言葉』は色っぽいものだと。

『ひしげて融けた金(キン)の液体が...』 

太陽の昇る様を『押しつぶされて融けた金の液体』と表現する。

宮沢賢治の詩は100人が読めば、100個の景色、音、声、湿度が有ると。

せっかくですから、

誰にも視覚化されない世界。誰にも言語化されない世界を自分自身の中に残したい。

自分の中に哲学と宇宙を。

そういう人に私はなりたい。


白い鳥

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Art direction / styling / text : Yukari Ota(SLEEPINGTOKYO)
Photography : Gui Martinez
Hair make-up : Masaki Sugaya(TETRO)
Model : Shizuka Minagawa

SHARE

}