search search

便所サンダルをファッションへ昇華bench藤澤豊生


発想の転換で新たな価値をオン、さらに愛される定番へ。

「ベンサン」の愛称で私たちの生活にも馴染み深い「便所サンダル」を、紳士靴的なアプローチでファッションへと昇華させた「BENSAN」をご存知だろうか。抗菌性や撥水性に優れ、長年に渡り用の美を体現してきた「ベンサン」だけに、機能性は折り紙つき。そして上品な雰囲気を纏った途端、ワードローブに欠かせないプロダクトに変貌を遂げた。カチッとしたスタイリングのハズしから、カジュアルなコーディネートの引き締めまで。誰も思いつかなかった発想の裏には何があるのか。「BENSAN」を展開している「bench」クリエイティブディレクターの藤澤豊生に話を聞いた。


—仕事の拠点は奈良ということですが、もともとは東京でお仕事をされていたんですよね。

そうですね。東京でずっと仕事をしてきたのですが、結婚して子供ができたタイミングで、拠点を移すことを考え始めました。ちょうど仕事としては「bunt」というファッションブランドを始めた頃です。「bunt」は野球の「送りバント」に由来していて、「職人さんや産地を世に送る、繋いでいく」という意味。「移住」というキーワードが頭にある中で、奈良の企業の方とご一緒する機会がありまして。「bunt」と同じコンセプトで、奈良の製造業の人たちと一緒にものづくりがしたいと思い移住を決めました。そして「奈良の良品を世界の良品に。」というコンセプトを掲げ、「BENSAN」をリリースしている「bench」をスタートさせました。


—BENSANが生み出されるまでには、どのような経緯があったのでしょうか。

「bunt」の春夏イメージビジュアルを撮影する時に、「サンダルを履かせたい」って思ったんですね。当時はシャワーサンダルやスポーツサンダルが多く出回っていたのですが、それでは退屈なスタイリングになるので他に代わるものをと考えていたところに、ふと「ベンサン」が浮かびました。僕自身「ベンサン」を庭用としてもともと履いていまして、改めて考えると機能や耐久性、価格など、実はすごい魅力を秘めた商品なんじゃないかと。このことがきっかけで調べてみたら、奈良県が主要な産地ということを知りました。いわゆる便所サンダルというカテゴリーのものって、国産のメーカーは奈良にある3社しかなくて。中国だったり、安価な海外製品がシェアを拡大している。そんな中で自分にできることがあるのでは?と思ったことがきっかけです。



—タッセルをつけるなど、ファッション的なアプローチを始めるまでのプロセスについて教えてください。

「便所サンダルで何かできたら」というのが頭にある中で、現在ご一緒しているメーカーさんであるニシべケミカルさんへ会いに行き、昔のアーカイブを見せていただきました。純粋にそのまま出すだけでも魅力的な商品なのですが、ブランドの構想を練るなかでベンサンの「トイレ」というイメージを覆すことができたらファッションのマーケットで十分に受け入れられる可能性がある考え、タッセルなど、トイレと対極にある紳士靴のディテールを取り入れることにしました。ニシべケミカルさんからも「面白いね。やってみようよ」と言っていただいて。そこからBENSANがスタートしました。


—今年の4月には表参道交差点のスペースでポップアップを開催していましたね。2018年にローンチしてから、スケールしていくスピードが速いように思います。その秘密はどこにあるのでしょうか。

プロモーションがどうこうではなく、誰もが知っているものを、新しいものに変えたというアイデアとデザインが多くの方に響いたのだと思います。ありがたいことに街で履いている人を見かけることもありますし、協業しているメーカーさんや奈良の地場産業を知ってもらうきっかけになったのは嬉しいです。ですが、むやみに売上や認知を拡大したい訳ではなく、取扱店舗や媒体の選定は慎重に考えブランドを運営しています。過去に流行からブランドが消費されていく姿をいくつも見てきました。真面目に何十年とものを作ってきた職人さんを「旬なもの」とか「古い人」には絶対にさせない。これは私がブランドを展開する上で、最も重きを置いていることです。



—ルックブックを拝見しましたが、細部まで作り込んでいる印象を受けました。

もともとファッションではない生活用品なので、イメージを変えてあげることが大事だと思っています。ビジュアルはそこに強く紐付くからこそ手が抜けない。ただ何となく写真を撮って、ふわっとイメージを伝えるだけじゃだめで。ベンサンの価値を再定義するためにも、明確な意図を持って丁寧にディレクションしています。


—ブランドのコンセプトは「奈良の良品を世界の良品に。」ということですが、「世界」とあるように、海外での展開もかなり意識されていますよね。

ブランドをスタートする時から海外を視野に展開しています。部屋に入るときに履物を変えたり、室内でも空間が変われば別の靴を履くことって、日本ならではの文化だと思うんです。そもそも欧米ではトイレで靴を履き替える「便所サンダル」という認識がないから、モノとしてフラットに受け入れられるはずなので。純粋にプロダクトとして勝負していきたい。



—今後はどのような展開を考えているのでしょうか。

今は「こんなサンダル見たことない、面白い」って思われているかもしれないですけど、もう少し生活に寄り添うアイテムになるのが理想です。ビルケンシュトックのような、定番と呼ばれる存在に育てていきたい。あとは奈良にはまだまだ多くの素敵なプロダクトがあるので、ブランドのコンセプト通り、奈良の良品を世界に広めていくことに挑戦し続けていきたいと思っています。



http://the-bench.jp
Instagram: @the_bench_official

Text : Shunpei Narita
Photo : Eisuke Asaoka

Location : Guesthouse Fete

KODEメンバー限定で、「BENSAN」のサンダルをプレゼント。夏の足元にぴったりな一足をゲットして、ストリートを闊歩しよう!!


応募期間:2019年6月10日(月) 11:00 ~ 2019年8月15日(木) 9:59

詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


SHARE