search search

奇想天外な色合いが魅力 アーティストTJが作る“あのステッカー”とは


同じものは二つとしてないオリジナリティあふれる作品

“あのステッカー”というユニークなネーミングのステッカーを制作しているアーティストのTJ。色鮮やかな絵の具がそのまま貼り付いているように見える個性的な見た目のステッカーはSNS上で人気が広がっている。今回は、阿佐ヶ谷ロフトAにて行われていたTJの展示『wall』にお邪魔し、その創作に対する思いと会社員として働く傍ら行うアーティスト活動についてお話を伺った。


―今回の展示の作品テーマなどはありましたか。

今回、展示のタイトルが『wall』なのですが、壁(wall)そのものを作品に見せられるような表現をしようと思い制作しました。


―いつも作品を作るときは、まず頭の中で考えられて、ある程度アイデアを固めたところで制作を始められるのですか。

絵の具を混ぜたものを大きなカッティングシートに広げているので、インクの形状に関しては(自分では)完全にコントロールできないものなんですよね。やはり、体を使ってやっているので、腕の動きのストロークがそのまま出たりもするんです。だから、割とフィジカルな表現方法なのかなとは思います。



―ステッカーには何色もの色が混ざっていますが、最終的な完成した時の色合いなどは自分の中で大体は想像つくものなのでしょうか。

ずっとインクをいじっているので、三色くらいまでだったら想像はつきます。それ以上の色数を混ぜるとなると、自分の想像とは違うものができあがってしまいますね。作品のコンセプトによりますが、配色は、よくインターネットで画像を見ている時に、きれいだなと思うものがあったら、同じように色を再現して作品に反映したりもします。


―TJさんの作品は、2つとして同じものがないですよね。そこに自分自身、面白さなどは感じられていますか。

もちろん。作品を見て頂いている方たちよりも、本人が一番面白いと感じている自負はあります。自分が面白いと感じられる手法じゃないと飽きてしまいますし、飽きてしまったらもう制作は続けられないと思っているので。


―現在のこのような制作活動を始めたきっかけというのはあったのですか。

サラリーマンの生活をしながらもプライベートで色々辛いことがあった時に、自分ができることってやっぱり絵しかないなという実感がありました。制作することが自分の癒しじゃないですけど(笑)。なので、自分が見て楽しいものを作ろうと考えていました。


―TJさんの作品に対するお客さんの反応などはいかがですか。

お客さんというわけではないのですが、高円寺の学校の通学路近くで個展をやっていて。子供たちが作品を見ながらとったリアクションが「かっけー!」だったんですけど(笑)。子供は嘘つかないですし、そう言ってくれたことは素直に嬉しかったですね。


―TJさんはこのような作品づくりをしつつも、現在も会社員として働かれていますよね。元々美大に通っていらっしゃったそうですが、そこから美術のみの道に進まず、会社員になったというのは、どのような思いがあったのでしょうか。

実は、アニメをつくりたかったんですけど、絵がうまい人はいっぱいいるし制作だけで食べていこうという気はなかったんです。あとは、実際にフリーで作家として働いている自分を想像してみると精神的に大変そうだなと思っていて。なので一本に絞ろうとは考えていなかったです。今僕が働いている会社の部署は物流のセクションなので、就業時間がしっかり決まっていて。いつも仕事が終わってから会社で制作を始めるのですが、業務の時間と制作の時間がしっかり区切られていて、生活のリズムがあるので今この活動と仕事の業務のバランスがちょうどいい考えています。


―もともとアニメはお好きだったのですか。

そうですね。アニメは好きです。自分が言うのもなんですけど、オタクなので。今は自分の作品にそのような要素は入れていないですが、いずれかは色合いなどでキャラクター性を持たせたものを制作したいなと思っています。


―それはすごく面白そうですね。今後どのような活動を展開していきたいですか。

幸いなことに会社の周りの人たちは応援してくれている人が多いので、制作と仕事は続けていくつもりです。両立しながら活動しつつ、何かしらの形で会社に還元できればいいと考えています。そして、働きながらも作品を作ることで、最終的に自分の成長と会社の利益に繋げていくことができていったらいいなと思います。



TJ
1981生まれ。多摩美術大学卒業。会社員として働く傍ら、2017年4月から作品制作を始め、2018年4月に新宿眼科画廊で初展示「I have it」を開催。2019年には、京都 Y gionにてTJ × BAKIBAKIの二人展のほか、阿佐ヶ谷ロフトAでの展示『wall』を開催する。

Instagram: @TJhiro

Text: Ririko Sasabuchi
Photo: Junko Yoda

KODEメンバー限定で100名にTJの“あのステッカー”をプレゼント。奇抜な色合いのPCステッカーを貼って他のパソコンと差をつけよう。


詳細はKODEメンバーに登録/ログインしてチェック。


本キャンペーンは終了しました。


SHARE