search search
COMMON PERSON

-あのクリエイターの“衣・食・音”-

様々な分野の第一線で活躍するクリエイターたちが思い入れを持つ特別な場所。
そこには衣・食・音をキーワードに、クリエイションが生まれるインスピレーションがあった。
彼らの声を訊きながら、その着想のヒントを紐解いていく。
DJ DARUMA(PKCZ®)さん
#
中目黒
FOOD

クリエイティブユニット『PKCZ®』の一員、そしてストリートブランド『FULL-BK』のデザイナーとしてアンダーグラウンドシーンとオーバーグラウンドシーンを繋ぐ唯一無二の存在であるDJ DARUMA さん。彼の魅力のひとつと言えば一歩先の流行を見据えている鋭い審美眼と高い感度。新しいジャンルをDJ に取り入れたり、ファッション潮流を見極め、常に世に新しいモノを発信してきた。そんな彼を虜にしてしまうカレー屋が中目黒にあるという。2018年、1月にオープンした『CURRY UP®』である。

DARUMAさんの活動の拠点でもある中目黒にオープンしたということもあって頻繁に通うようになったという。「実はタイミングが無くて今まで『CURRY UP®』に行ったことがなかったんです。でも中目黒にできたと聞いて、速攻で行ったんですけど、すぐに虜になりましたね」。

2種類のルーが選択できる合いがけタイプのカレーが特徴の『CURRY UP®』。福神漬けの代わりに用意された桜大根の漬物と、その病みつきになるスパイシーな味わいに、海外のファンも多いという。「最初はいつも辛いのを求めてしまうので、だから最初は、ビーフカレーを中心に選んでいたんです。でもやっぱり結構辛くて(笑)。なので今は一回控えてバターチキンを中心に考えてます」とDARUMAさんが選んだのは牛すじカレーと、定番のバターチキンカレー。

コンパクトで洗練された雰囲気の店内。スピーカー内蔵の照明などのオシャレなインテリアに、アイコンキャラクターのフィギュアやオリジナルの時計など徹底した作り込まれた空間は、さすがの一言に尽きる。ちなみに『CURRY UP®』という名前を名付けたのは、あのファレル・ウィリアムスというのも有名な話。

インスタグラム[@djdaruma]を見ればわかるが、大の仲良し家族としても知られるDARUMAさん。『CURRY UP®』は、子供たちにせがまれてくることも多いという。「嬉しいことに子供たちも『CURRY UP®』がめちゃくちゃ好きなんですよ。だから来る時は子供たちが来れる土日の昼とかが多いですね。晴れた日曜日に子供たちと、ルーツレゲエを聴きながら美味いカレーを食べる。なんていい休日なんだって思っちゃいますね」。

2018.5.25

  • shop photo

SHOP INFO

CURRY UP NAKAMEGURO

〒153-0061
東京都目黒区中目黒3-22-1
TEL:03-3710-1122
営業時間:11:30~17:00/17:00~22:00(L.O.21:00)
水曜定休日
http://www.curryup.jp/pages/1572181/NAKAMEGURO

DJ DARUMA(PKCZ®)
DJ DARUMA(PKCZ®)

EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBALとのクリエイティブユニット『PKCZ®』の一員であり、DJ/プロデューサーとして活躍する傍ら、アパレルブランド『FULL-BK』のデザイナーとしても活動。音楽面ではダンスチーム『DIGITAL JUNKEEZ』やDJ/プロデューサーチーム『DEXPISTOLS』の一員として、ファッション面では『ROC STAR』と『CREPEMAN』を手掛けたことでも有名。時代の一歩先を見据えた鋭い審美眼で、世代とジャンルの壁を超え日本のストリートを進化させ続けている。

SHARE