search search
COMMON PERSON

-あのクリエイターの“衣・食・音”-

様々な分野の第一線で活躍するクリエイターたちが思い入れを持つ特別な場所。
そこには衣・食・音をキーワードに、クリエイションが生まれるインスピレーションがあった。
彼らの声を訊きながら、その着想のヒントを紐解いていく。
ETHOSさん
#
学芸大学
MUSIC

〈ETHOS〉の二人にとって欠かすことのできないエレメント。それは音楽というファッションとも蜜月なバックボーンであることは周知の事実だろう。柳内さんは〈UNDER COVER〉時代からロンドンから端を発したハードコアなパンクシーンに傾倒し、池田さんはMONKEY TIMERSなどと共に、かつて自身もDJとして活動するなどダンスミュージックに精通した人物でもある。そんな異なる出自でありながら、ともに音楽を愛する二人にとって、五本木の「JAZZY SPORT music shop」は特別な思い入れがあるお店だ。

「働くスタッフはもちろんのこと、今の時代では貴重なレコードやカセットなども扱う本格的なミュージックショップ。業界の人もみな一目を置くこのお店は、足を運べばなにかしらの発見がある場所なんです」と池田さん。さらに柳内さんは、「併設するbalのフラッグシップショップの面々と会えるのも通う理由のひとつ」だと話し、その親睦の深さについても語ってくれた。「balのチームとは地方巡業を一緒に周ったり、よくお酒の席を共にしたりと公私ともに仲が良いんです。そうなると自ずと事務所をシェアするJAZZY SPORTのチームとも仲が良くなっていくんですよね」。

分野の垣根を越えて繋がっていくコミュニティはまさに、〈ETHOS〉の面々が体感した90年代の東京ストリートシーンに当たり前であったコミュニケーションの在り方だとも言える。「五本木というエリアの特性もあって、ゆっくりとした時間を過ごせるのはいいですよね。情報交換をしながら、互いの近況報告をしたり、時にはそれぞれの共通の友人が思いがけず来店したりして。ここはまさしく僕らにとってのハブスポットですね」と池田さん。

音楽とファッション。そしてその周辺に存在する様々なカルチャー。それらは〈ETHOS〉、しいては柳内さん、池田さんを体現する重要な要素。そしてそれらが育まれる場所というのは、いつの時代もこうした触発し合う者同士が集まる場所なのだ。そうした場所で得られるインプットを彼らはファッションというフィルターを通して、誠実な姿勢を持ってシーンへとフィードバックしていく。今後ますます躍進を続けていく〈ETHOS〉のモノづくり、そしてその背景から目が離せない。

2018.5.25

  • shop photo

SHOP INFO

JAZZY SPORT MUSIC SHOP TOKYO

〒153-0053
東京都目黒区五本木3-17-7
TEL:03-6452-3916
営業時間:14:00-21:00 不定休
http://jazzysport.com/musicshop/

ETHOS
ETHOS

柳内恵一郎 / 〈ETHOS〉のディレクター。90年代に〈UNDER COVER〉のスタッフとしてファッションシーンでのキャリアをスタート。その後、シーンの立役者たちとの出会いもあり、自身が共同オーナーを務めるショップ「SPACE BUG」をオープン。その後、〈M.W.O.B.H.M. 〉や〈BASE CONTROL〉などのブランドデザイナーを歴任し、2010年に戦友であった池田氏と共に、〈ETHOS〉を立ち上げる。日本全土に東京の今を伝えるリアルクローズブランドとして躍進中。

池田臣 / 〈ETHOS〉のデザイナー。90年代の原宿シーンにおけるストリート、アメカジブームを牽引した名店「MADE IN WORLD」や「SPACE BUG」を経て、〈ETHOS〉のデザイナーに就任。同時にトラックメイキングやDJとしても活動しており、MONKEY TIMERS主催の「DISKO KLUBB」中心メンバーとしても活動。またファッションや音楽同様に、自身で組み付けや加工までこなす自転車愛好家としても知られる。

SHARE