search search
COMMON PERSON

-あのクリエイターの“衣・食・音”-

様々な分野の第一線で活躍するクリエイターたちが思い入れを持つ特別な場所。
そこには衣・食・音をキーワードに、クリエイションが生まれるインスピレーションがあった。
彼らの声を訊きながら、その着想のヒントを紐解いていく。
遠山 正道さん
#
中目黒
FOOD

遠山さんが代表を務めるスマイルズの拠点は中目黒。ここ最近は、通の間では密かにカレー屋が話題になっている。中でも遠山さんが週2回は必ず訪れるカレー屋がある。中目黒駅と代官山の間、駒沢通りから鎗ヶ崎を少し下がったところにある、裏原宿の伝説的カレー屋『GHEE』のDNAを受け継いだカレー&バー『FORRESTER』である。
オーナーでシェフの小山さんと遠山さんとの出会いは1985年。東山さんがまだ前の会社に入社したての頃。小山さんが当時、バーテンダーとして勤めていたホテルオークラ東京にある『スコティッシュバー ハイランダー』が出会いだという。「先輩に連れて行ってもらったことをキッカケに、よく通うようになったんです。彼がハイランダーをやめてからは、しばらく会っていなかったんですけど、2年前に知人から、小山くんが中目黒でカレーをやるっていう話しを聞いて。それからというもの毎週1、2回は通っていますね」

コンセプトは「Spice and music」。店内に入ると漂うスパイスの香りと、数百枚にもなるレコード。ターンテーブルからは心地良いグッドミュージックが流れる。そして店内を見渡すと随所にあるイベントフライヤーや写真集なども興味をそそる。「ちょっとわかりにくいところにあるんですが、そこも『FORRESTER』のスタイルにはまっているんだなと思います。来る度にアーティストや、ストリートの人などがいて、そこもならではで面白いですね。それに外国人のお客さんもよく見ますね」。

カレーは見る人が見ればわかる『GHEE』のスタイルを感じさせる独特の盛り付け。もちろんスパイシーで美味くて辛いところも受け継いでいる。小山さんは『GHEE』のシェフだった赤出川さん直々にレシピを教わったそうだ。「オススメはやっぱりダブル。最近はビーフカレーと野菜カレーをよく食べています。特にビーフカレーはすごく辛いんですけど、その後から効いてくる辛さ癖になるんです。野菜カレーも、野菜を小さくせずゴロゴロと大きなまま使っていて、それもまた美味しいんですよ。もちろんバターチキンカレーをはじめとした他のカレーも絶品ですね」

遠山さんが行くのはランチタイムが多いそうだが「FORRESTER」は、夜はバー営業もしている。そこは元バーテンダーの小山さんならでは。店内のいたるところにジンの瓶が並んでいて、その数はなんと90種類以上。「ウチはスパイス料理とカレーとジンのお店なんです。ジンってスパイスを使うお酒で、ボタニカルって言われるものを蒸留する時に、スパイスをはじめハーブ・根菜根・フルーツなどの植物性の物をたくさん入れて、香り付けするんです。だからスパイス料理はもちろん、カレーにも相性がすごくいいんです」と小山さん。

遠山さんはその小山さんが生み出すカレーもさることながら、この世界観が何よりも好きだという。「飲食にしても、服屋にしても、アートにしても、新しいチャレンジをすることって同時にリスクだったりするんですよ。一度、評価を得た後に下手をこくと評価が落ちてしまう。それにより亡くなったアーティストも多くいる。でも私は、そういうリスクを持ちながら新しい表現にチャレンジしている人を見ると勇気をもらえるんです。「FORRESTER」の小山さんも、「VOILLD」の伊勢さんも、「PAVILION」で協力してもらった協力してもらったアーティストも、恐れずに新しい表現をやめない。そんな人たちが作る物や空間は、やっぱり魅力的だなって思います」

2018.4.20

  • shop photo

SHOP INFO

FORRESTER

〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-4-21エグゼクティブ代官山201
TEL:03-6303-4164
営業時間:月-金 11:30~15:30(L.O.15:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
土日 11:30~23:00(L.O.22:00)
日・祝 12:00〜22:00 (Food L.O21:00) 火曜定休日
http://forrester.jp/

遠山 正道
遠山 正道

株式会社スマイルズ代表取締役。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、「giraffe」、「PASS THE BATON」「100本のスプーン」などを展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。近著に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるビジネスモデル-PASS THE BATONの軌跡』(弘文堂)がある。

COMMON PERSON

  •   article thumbnail
    pin icon
    中目黒
    FASHION
  •   article thumbnail
    pin icon
    中目黒
    MUSIC

SHARE