search search
COMMON PERSON

-あのクリエイターの“衣・食・音”-

様々な分野の第一線で活躍するクリエイターたちが思い入れを持つ特別な場所。
そこには衣・食・音をキーワードに、クリエイションが生まれるインスピレーションがあった。
彼らの声を訊きながら、その着想のヒントを紐解いていく。
大田 由香梨さん
#
中目黒
MUSIC

大田さんが音楽に触れるとき。そこにはファッションやアートなどその周辺にあるカルチャーとの関係性が見え隠れする。それぞれが独立した文化を形成しつつも、リンクし合い、ときにクロスオーバーし、大きな時代性を生んでいくものだからこそ、多角的な視点で捉えるのが大田さんならではの流儀なのだ。そして訪れた場所は、近年衣食住をテーマに話題のお店を次々と生みだすクリエイターの街、中目黒。花見の時期ともなれば多くの観光客で賑わう目黒川沿いに構えるビルの地下にひっそりと佇むスポットが今回の目的地である「IRMA RECORDS MERCH STORE」。これまでの2店舗が自身のライフスタイルの延長線上にあったのに対し、同店は大田さんが新しい刺激を受ける場所なのだそう。

「中目黒は仕事でもよく訪れる場所で、仲の良いお店や贔屓にしているショップも多いのですが、比較的最近見つけて特に気に入っているのがここのお店なんです。まず地下ということもあって見落としてしまう人が多く、オフィスと兼用なため初めての人はここがお店なのか分かりづらいみたいなんです(笑)。それでもポスターやレコード、雑貨、洋服などお店の雰囲気を見たら好きな人にとっては堪らない空間が広がっていて、隠れ家的なお店としてついつい通いたくなってしまう要素がたっぷりあるんです。きっと男の子の方がこういったお店は好きなんでしょうけど、若い子が盛り上げるストリートやユースカルチャーではいつの時代も男女ともに人気があるみたいなんです。だからこそファッションとはまた違ったベクトルで刺激を受けられる場所でもあるんです」。そう話す大田さんはお店に入るなり、オーナーである坂野さんを見つけると、気になるアイテムについて質問攻め。自身の気になるアイテムがあれば、迷わず坂野さんに聞くのがいつもの自然な流れなのだそう。

そんな絶大なる信頼を得る坂野さんは元々音楽レーベルで長く働いていた経歴を持ち、海外への移住経験もある人物。1989年にイタリアのボローニャ地方に住んでいた頃に同ショップの始まりともなったレコードレーベルである「IRMA RECORDS」を発足し、2003年までは「IRMA RECORDS」の NYオフィスに勤務。 その後、「IRMA RECORDS」の東京オフィスとして現在のショップオープン。以後音楽レーベルを基軸とした活動とはまた別にヨーロッパのシーンをメインとした様々なセレクトグッズやポスター、アートを取り扱い、近年は自社のオリジナルブランドとなる〈WE MARK〉からアパレルラインも展開しており、そのどれもが太田さんにとっては新しいドアを開けるヒントになっている。「音楽やアートはファッションと同じように好きなのですが、やはり知識の量で言ったらその世界にいらっしゃる人に比べたら私なんて全然。だからこそ坂野さんから聞く話はどれも新鮮なんです。話し出すと止まらないほど圧倒的な知識量と熱量を持っていて、理解するのにやっとな時もあるのですが、毎回感動しながらお話を聞かせててもらっています。撮影時に使うプロップとしても役立つものばかりですし、オリジナルのブランドの世界観も坂野さんらしさも感じられて素敵だなと思います」。

ライフスタイリストとして様々な分野で活躍をする中で、それぞれの分野でのスペシャリストを目指すのは至極困難を極める。しかしながら大田さんは、その一線にいる人たちの生の声を聞き、貴重な体験活動を通していくことで血肉となる経験を絶えず重ねているのである。そしてそれがジャンルは違えど、同じ目利き人としての素質を備えた人物であれば、なおさら共通の言語として後押ししてくれる。「知らない世界を知り、そこから私の仕事とのつながりや新しい未開拓な分野への開拓を考える時が一番楽しいですね。だからこそ今もこうしてファッションの世界から幅を広げ、ライフスタイリストとしても活動できているのかなと思います」。

2018.04.06

  • shop photo

SHOP INFO

IRMA RECORDS

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-16-12 サクレピエスB1F
TEL:03-6455-1589
営業時間:12:00~20:00
https://www.instagram.com/irmarecords_merchstore/

大田 由香梨
大田 由香梨

ライフスタイリスト。ファッション雑誌や広告を中心にスタイリストとして活躍。2011年には自身がプロデュースするカフェ・レストラン「ORGANIC TABLE BY LAPAZ」を外苑前にオープン。その後、店舗内装やフードのディレクションも手掛けるようになり、“衣食住”にまつわるすべてのスタイリングを行うことで活躍の幅を広げる。著書『THE LIFESTYLIST』も絶賛発売中。

SHARE